博多織の帯の総称。

福岡県博多産の帯の事で
女性の単帯・男性の角帯として有名。
また他の産地で織られたものでも
その文様によって博多帯の名で
通用しています。

献上独鈷模様と横畝の現れたかたい織り味が
特徴です。
結んだり解いたりするときに絹鳴りがします。

女性の単帯は夏の単帯の代表です。

この項目の関連:
角帯ワンタッチ(絹)
絹100%本場筑前博多帯

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

縮緬の一種。
縦糸に生糸、横糸に通称パレス練と言われる
右撚り、左撚りの強撚糸を二本交互に使用した
平組織のものです。
構造上、しぼ(凸凹)が目立たないので
すべりが良く、一見羽二重のように見えます。

産地は国内では石川県小松、群馬県桐生などがあります。

長襦袢用、八掛用があります。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

染色方法のひとつ。
刷毛引きで地色を染める方法です。
刷毛染・地入れとも言います。

伸子で張った生地に豆汁やふのりを塗り
乾燥させた後、刷毛に染料液を含ませ
生地の片側から引き、染める方法です。

浸染に比べ染料が少なくてすみ
色彩が自由に表現できますが
手間は引き染の方が多いです。

主に高級な手描染の着物の地色染めの用います。

この項目の関連:
正絹襦袢精華地手ぼかし 反物
正絹クイーンサイズ振袖襦袢振暈し
天竜 男襦袢・額裏(広幅の羽裏)

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

家紋のつけ方の一種。

着物や羽織の背に一つだけ
つける家紋の事です。背紋とも言います。

五つ紋が正式で三つ紋、一つ紋は
略式のものです。

この項目の関連:
洗える着物 江戸小紋 万筋 幅広
洗える着物 刺繍附け下げ 光消臭
洗える着物色無地 光触媒消臭 幅広
洗える男着物/羽織(紬/つむぎ)
洗える着物/羽織 男物(ちりめん)
石持
正絹 男着物
仕立て・紋入れについて

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

綿ビロードの一種でベルベッチンが日本語化した
言い方です。
縦糸、横糸ともに紡績綿糸やガス糸を使った
平織りか斜文織です。
広幅のものは服地に、小幅物は丹前・袴地や
足袋に使われています。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

文様の輪郭の部分に沿って木綿糸で細かくぐし縫い(糸入れ)
して糸を引き締める時、中に芯を入れます。

防染部分にビニールなどを被せて括ると
帽子を被せたような状態になり、
それを染液に浸して白く染め抜く方法です。

そのかたちが帽子のような形になる事から
この名前がつきました。

大きさによって大帽子・中帽子・小帽子と呼ばれます。

またそのほかにも太鼓帽子・逆帽子などがあり
有松絞りに見られます。

この項目の関連:
正絹長襦袢 絞り/ 柳絞り 反物

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

腰から足まで覆うゆったりとした衣。
古墳時代にその原型が見られます。

現代ではマチのある馬乗り袴とマチのない行灯袴などがあります。

袴の種類

・表袴
 束帯に使用される袴で、本来は白袴(しろきはかま)と呼ばれます。
 下に大口を履くので表袴とも呼ばれました。
 四布の前開きの切袴で、「かえり襠」という特殊な作りになっていて、表地は白で、裏地は紅です。
 「おめり」という裏地の紅が見える仕立てになっています。
 襞(ひだ)も腰を狭めるだけで、裾まで折り目の無い「つまみ襞」です。

・大口
 表袴や直垂の袴などの下に履く袴。四布の切袴で、裾が括られていないので大口と言われます。
 腰紐は一 本横結びで、襞はつまみ襞です。
 表袴の下に履く大口は紅色で「赤大口」と言います。

・指貫(奴袴)
 八布で裾を括る長袴。
 身幅があるので上から下まで襞を通していて、腰には上刺があります。
 表袴・大口に変わって、衣冠、直衣、狩衣等に着用された袴で、
 下に下袴(同型だが長めで括緒の無い袴)を履きます。
 下層の者が使用していた括袴の形式を用いたので奴袴と言います。初めは白布製で、
 布袴(ほうご) と言いましたが、綾織物が使われるようになり指貫と呼ばれ、
 布製は襖袴(おうのはかま)と言われます。
 丈の五割増し仕立て、足首で括り潤沢に履き、これを下括(げくくり)と言います。
 身軽に動く時には膝下で括る上括(しょうくくり)にして下袴を省き運動性を高めました。
 この指貫を略して切袴にしたのが指袴で、近世の物です。
 なお、現在の指貫は、括袴の形状をしていません。

・狩袴と水干袴
 狩袴は略式の狩衣着用時に履き、水干袴は水干に合わせる細身の指貫。
 動きやすく六布で仕立てられている部分が指貫と異なります。
 両者の違いは、水干袴には菊綴(きくとじ・布の繋ぎ目がほころばないように、
 縫いつけた組紐を結んだ物です。(後に装飾化します)がある事です。

・小袴
 公家に於いては指貫を、武家に於いては切袴を指します。

・鎧直垂の袴
 直垂の小袴と基本的には同じですが、具足が着用しやすいように短めで括袴に成っています。
 また菊綴も花総(はなぶさ・菊綴の紐の先をほぐして菊の花の様にした装飾)にされている事が
 多いです。

・四幅袴
 四布で仕立てられた袴。
 通常は膝丈の半ズボン状の切袴を言います。
 主に身分の低い武家奉公人(中間、小者など)や百姓(農人に非ず)に履かれている姿が
 目立ちますが、武士・侍身分の者にも履かれています。
 ただし侍身分の者は、四幅袴を股立にして履く事は無いということです。
 相引部分や裾などに、革の菊綴が付けられたりする高級品もあります。

・タッツケ(裁付袴)/伊賀袴
 裾を脚絆状にした袴。
 地方武士の狩猟用衣服であったのが、運動性能に優れ、恐らく具足を付けやすかった事も
 あってのでしょうが、軍装としても使用されました。
 織田信長の馬揃えにも用いられた事は知られています。  
 江戸時代に入ると武士の旅装としても使われたが、享保(1716?1736)の頃には
 庶民の袴として労働着として使用されていたようです。
 文化・文政(1804?1830)の頃には、特殊な職業以外では使われなくなりましたが、
 幕末には再び武士の服装として使用されます。
 ただ、タッツケという名前は山袴の名称としても使われ、裾が脚絆状に成っていない物でも
 タッツケの名前で呼ばれる物もあり、裾が脚絆状に成っていても別の名前で呼ばれる事もあり、
 はっきりとは決まっていません。

・カルサン(軽杉)
 南蛮衣装の影響を受けた袴で、ポルトガル語のcalsaoから来た名前です。
 裾に襞を取り、横布の筒状の裾継ぎを付けた南蛮風の括袴の一種です。
 流行のファッションとして運動性能も良く、軍装・旅装に利用され、
 江戸に入ってからは庶民の労働着 として多用されました。
 寛政年間(1789?1801)以後はあまり使われなくなってしまいましたが、
 山袴として使われ続けています。その為、同型異称や異型同名が多いです。
 着用の仕方に指貫と同様に上括と下括(垂括とも)があります。
 上括の時は脚絆を併用し、外から見るとタッツケと同じになります。
 下括はそのまま裾を足首まで垂らして履き、ズボンやモンペを履いているような姿です。
 カルサンとタッツケの区別にかんしては二つの意見があります。
 一方の意見は、カルサンとタッツケを裾が脚絆状になった袴とし、
 違いはタッツケがコハゼを用いる点だとしています。
 もう一つの意見はカルサンとタッツケを明確に区別する論です。
 上記の記述は、こちらの意見を参考にしました。

・平袴
 享保年間(1716?1736)に肩衣と袴を別裂で作る繋上下が現れ、やがて袴は独立し、
 肩衣がなくなりました。この独立した袴を平袴と呼びました。
 享保?宝暦(1751?1764)頃には、裾の長い小袖を着用する為に襠の位置が低くなっていきました。
 「町人仕立て」と称して武士は着用しませんでしたが、
 天明(1781?1789)の頃には武家の間にも広がりました。
 また相引の位置も同じく低くなっています。

・襠高袴/野袴/馬乗袴
 三者共に平袴から派生した江戸時代の物です。
 襠高袴は平袴に対して襠が高い(低くなっていない)袴です。
 座敷袴とも言い、現在和服として着装される袴です。
 野袴は旅装用の袴で、裾に黒ビロードの縁を付けている物もあります。
 襠が高い物と低い物があります。
 馬乗袴は平袴の襠が低くなって、乗馬等に適さなくなったので作られた襠高の袴です。
 裾に黒ビロードの縁を付けたり、腰板の下にセミ形という薄板や紙を入れたりと、
 仕立て方にも色々あります。

・踏込(ふんごみ)袴/裾細袴
 踏込は裾が細く成っている野袴です。
 細く作った袴は以前からあってでしょうが、この名前が付いている物は江戸時代に入ってからで、
 武家奉公人の演習・火事場で使用され、元文年間(1736?1741)頃から流行しました。
 細く作られているのは運動性の向上の様に思われますが、一方で防寒の為の工夫であったという
 説もあります。つまり細い袴を履くと、着物の裾が良く足にからまるとのことでしょう。
 これもまた山袴の名称としても使われるので、同名異種が多いです。

・行燈袴
 スカート状の略式袴。
 近代になってから登場しました。

・山袴
 座敷袴に対して、野良着などとして使用される袴の総称。
 タッツケ・カルサン・モンペ・フンゴミなど様々な名称と形状があります。

・卒業式用袴 
 平安時代以来、高い階級の女性たちが着用した袴が原型です。
 しかし、鎌倉時代に衰退して宮中以外では見かけなくなりました。

 明治時代になって仕事をする女性たちや女学校の開設と共に復活しポピュラーなものになりました。
 学校の教室は机と椅子の生活なので、教師・生徒共に裾の乱れを気にするようになったため、
 文部省は女学校開設にあたり太政官布告で女教師・女生徒の袴着用を認め、
 女学生の袴姿はまたたくまに普及しました。
 ハイカラさんのイメージで、女袴が大正時代の女学校スタイルというイメージで
 捉えられていますが、本来は女学校の教官が着用したものです。
 現在の女袴は明治18年に華族女学校の校長下田歌子の発案とされていて、
 宮中の未婚者の色である濃き色(紫がかった濃赤色)から海老茶色を袴に採用したそうです。
 袴姿で有名な宝塚歌劇団が創設されたのは大正時代、
 黒紋付きに緑の袴が正装で、卒業式はもちろんセレモニーの際には全員が袴姿で装うそうです。

主に2尺袖着物(小振袖)または振袖着物に合わせます。

女性用行灯袴
卒業式袴2WAY袴

男性用行灯袴
男性用行灯袴

男性用野袴(細身の馬乗り袴)
男性用野袴

この項目の関連:
卒業式袴/着物
卒業式2WAY 袴 ぼかし
卒業式2WAY袴 無地
二尺袖着物(小振袖)
男袴/野袴
着物の用語-行灯袴/あんどんばかま
着物の種類と用途?振り袖/ふりそで
着物まめ知識-卒業式袴の着方
○こちら参考になります。
着物着付けブログ【静岡】
卒業式袴の着付け

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

女物の袷着物や綿入れなどの裾や袖口の裏に付ける生地。
裾回しとも言います。

元々上方語で、八掛野「八」はおくみ、前身頃、後身頃、衿先に
左右二枚ずつ合計八枚に裁ったことから付けられた名称です。

現在では袖口にも同じ生地を使うようになって、
十枚に裁つようになっています。

生地の寸法は通常、並幅で長さ約3.8mです。

八掛の選びかたは表の着物と調和した色や生地を選びます。

着物と八掛を合わせる色の基準は・・・

・フォーマル・落ち着いた組み合わせ:
 着物の地色と同色系の色で、共薄の色を合わせます。

・カジュアル・粋な組み合わせ:
 着物の柄の一部の色と同じ色を合わせます。

※着物と合わせる場合の注意点:
  薄色の着物を袷仕立てする場合は濃い色の無地八掛は合わせないようにします。 
  これは仕立てたとき裏から胴裏と八掛の境界線から下が表から濃く写ってしまうためです。

  この場合はぼかしの八掛を使うか、表の着物より薄い色の八掛を合わせます。
 
この項目の関連:

八掛(裾回し)

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

生地の単位のひとつ。

通常、並幅反物一反分以上の長さ・巾の
生地を疋物と言います。

着物と羽織を対にして仕立てる場合に使ったり、
複数人分の着物や羽織を仕立てる場合に使います。

また生産して1人分の反物や胴裏などにする前の生地の状態を
指す場合もあります。

長さや巾は一定していません。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

裏を付けないで仕立てた、単仕立てにした衣類の総称です。
袷に対する言葉で、単着物・単羽織・単長襦袢の意味です。

もともと衣更(ころもがえ)といい、袷から単へ、単から袷へ
着替える日が決まっていました。
(袷着物:10月?5月/単着物:6月・9月/夏用の薄物単着物:7月?8月)

衣更は四季の変化のある日本の風土に合わせたものです。
また単には着る時期によって種類が異なり、
初夏と初秋に着る袷と同じ着尺の単着物と、
盛夏に着る夏用の薄物の単着物が有ります。

ただ近年はフォーマル以外では余り厳密に考えなくても良いでしょう。

この項目の関連:
商品(着物)についての疑問質問
お仕立て・紋入れについて
着物の用語-袷/あわせ(対照語)

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

羽織の胸のあたりに付ける紐です。
通常羽織の衿の部分にある乳につけて用います。
 
・丸組みタイプ
羽織紐
男物の羽織に使います。
真ん中が結ばれていて、使う時、
房のように広がります。
保管は購入の時の箱に入れると
型崩れしにくいです。

・平打ちタイプ
房のあるタイプと房の無いタイプがあります。
普段使いやちょっとした外出などなら、房のないものもお薦めです。
房無しの紐の場合は、房の代わりに上に除かせる先端の部分を
あまり長くしない方がバランスよく見えます。


・無双タイプ
中央に玉や古銭、天珠を使ったものや、
変わり組みになっていて、一本の紐を細工して結び目のように
してあるものもあります。

・礼装用
慶事の礼装用には白の羽織紐を用います。正式には丸組みの白を使います。
弔辞用は白でなく、ねずみ色になります。

・装飾性の強いもの
hmc-haorihimo6.jpg
カジュアル着物や袴に併せてお洒落なものも
数多く作られています。

この項目の関連:
正絹丸組み羽織紐

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

羽織の胸のあたりに付ける紐です。
通常羽織の衿の部分にある乳につけて用います。
 
・丸組みタイプ
着物の用語-羽織紐-男物
男物の羽織に使います。
真ん中が結ばれていて、使う時、
房のように広がります。
保管は購入の時の箱に入れると
型崩れしにくいです。

・平打ちタイプ
房のあるタイプと房の無いタイプがあります。
普段使いやちょっとした外出などなら、房のないものもお薦めです。
房無しの紐の場合は、房の代わりに上に除かせる先端の部分を
あまり長くしない方がバランスよく見えます。


・無双タイプ
中央に玉や古銭、天珠を使ったものや、
変わり組みになっていて、一本の紐を細工して結び目のように
してあるものもあります。

・礼装用
慶事の礼装用には白の羽織紐を用います。正式には丸組みの白を使います。
弔辞用は白でなく、ねずみ色になります。

・装飾性の強いもの
着物の用語-羽織紐-女物
カジュアル着物や袴に併せてお洒落なものも
数多く作られています。

この項目の関連:
正絹丸組み羽織紐

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

羽二重(はぶたえ)は、平絹(へいけん)ともいわれ平織りと呼ばれる、
撚りをかけない糸で織られています。
経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交互に交差させる織り方で織られた織物の一種です。
絹を用いた場合は光絹(こうきぬ)とも呼ばれます。

通常の平織りが緯糸と同じ太さの経糸1本で織るのに対し、
羽二重は経糸を細い2本にして織るため、やわらかく軽く、
平らでなめらかな光沢のある布となります。

羽二重の種類には、片羽二重、諸(もろ)羽二重、綾羽二重、塩瀬羽二重、紋羽二重、
広幅ものの輸出羽二重などがあります。

用途は厚手のものは着物に、また着物や長襦袢の胴裏に使用されています。
絹の羽二重は乾燥した地方では製織しにくいことから、北陸地方で生産されています。

風合いがとても良く、和服の裏地として、また礼装にも用いられます。
また『絹のよさは羽二重に始まり羽二重に終わる』といわれます。

この項目の関連:
洗える男着物/羽織(羽二重)
男胴裏(絹/PE)
正絹胴裏 菊印 枚物(1尺3寸袖のきもの一着分)38.3cm巾・衿裏付き
正絹胴裏 最高級兜印 枚物(1丈3尺袖のきもの1着分)尺巾・衿裏付き
正絹居敷当/長襦袢保強に
洗える肩裏地 ぼかし
洗える肩裏地 無地
洗える振袖用胴裏/比翼地にも使えます
洗える通し胴裏(長さ:八掛+胴裏)
洗える胴裏 カネボウフジギヌ ポリエステル 衿裏地付き
洗える胴裏 ポリエステル 衿裏付き
洗える胴裏 幅広/40cm巾 ポリエステル 衿裏付き
正絹男物通し胴裏(胴裏+八掛) 『龍』 無地
洗える男物通し胴裏(胴裏+八掛) 『北斗』 無地

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

琉球紅型は、沖縄を代表する伝統的な染織技法の一つ。鮮やな特徴があります。
起源は明確ではなく14世紀の紅型の裂が現存しており、
14~15世紀頃の海外貿易により中国、インド、ジャワの更紗(さらさ)等から
染色技術が伝えられたといわれます。

「紅」は色全般を指し、「型」は型絵染めの型紙を指します。
この定義をしたのは鎌倉芳太郎が最初とされ、
紅型(びんがた)と呼ばれだしたのは明治以降だとされ、
「紅型」の漢字表記が広く普及され始めたのは、昭和に入ってからです。
それまでは、地元では「カタチキ」(沖縄方言で「型を付ける」と言う意味)等と呼ばれていたそうです。

高年者向けの藍色の濃淡を同じ型で染め出すものは藍方(えーがた)です。
これは琉球藍に生地を漬けこんで染める浸け染めの技法で
藍の染液に生地を沈めて浸染します。適度の色合いになるまで何度も何度も藍に漬けられます。

琉球紅型は、王朝時代、王家や士族の礼服で、
王家の衣装は黄色、貴族は水色と色や模様の大きさで身分に応じて区別され、
一般庶民には、長寿の祝い着としてのみ着用が許されました。

紋様には、王族が「御殿型」、上級士族用は「殿内型」、士族用は「首里型」、
上級士族の師弟用は「若衆型」、子供用は「がんじ型」でした。
「那覇型」、「泊型」は庶民用あるいは貿易用。 
また、王族、士族は白地か薄黄地に絵画的な柄や多彩色の大柄の縮緬か綸子の生地が、
庶民用は朧型(五色…色朧、藍と黒…藍朧)の木綿地が使われました。

その後薩摩による侵略、廃藩置県などにより、王家からの庇護を失った染屋は廃業を余儀なくされ、
多くの染屋が首里を後にし、那覇等に移り住み宮廷のために生まれた紅型は衰退しました。

以降は本土への輸出品として薩摩藩への貢納が義務付けられました。
現在古紅型と呼ばれるものはこのころの作品が多いですが、
本土の影響からか友禅とモチーフが共通したものが多いです。
ただし、鶴を赤や緑で染めたり、桜を黄色や臙脂で染めるなど色扱いは非常に奔放でした。
江戸時代は袋物などの小物用生地、明治からは着物などにも使われました。

第二次世界大戦で多くの型紙や道具が焼失し、一部の型紙等は鎌倉芳太郎により
本土へ渡り保管され、戦後、それら型紙を分けてもらい紅型復興に力を注いだのが、
王朝時代から紅型宗家として染物業に従事してきた
城間家の城間栄喜氏と知念家の知念績弘氏です。

戦後の材料不足の中、拾った日本軍の極秘地図に下絵を描き、
型紙として使用、割れたレコード盤を糊置きのヘラに、口紅を顔料のかわりに、
薬莢を糊袋の筒先に使用するなど、工夫しながら紅型の復興に勤められました。
その頃は米軍向けポストカードなどをよく染めていたとのこと。

琉球紅型の技法は、紅型の技法には、一般的な型染め、筒描き、藍染め(漬染め)があり、
型染めで特徴的なのは型の上から色を挿すのではなく、糊を置くこと。
そして柄部分の色に顔料を使い、手挿しで色を挿します。
特に両面染めの型置きは高度な技(王朝時代の衣装はほとんどが両面染め)です。

筒描きは筒書き糊引きで、フリーハンドで糊を
置いていき、その後、彩色を行う方法です。

型染は、主に衣装類を染めるときに使われ、
筒描きは、風呂敷や琉球舞踊の舞台幕に使われることが多いです。
風呂敷は、婚礼などに使われ松竹梅や牡丹、菖蒲などの模様がよく見られ、
幕は松竹梅や鶴亀を 表現したものが見られます。

紅型の柄の多くには、あまり季節感がありません。
それでも薩摩に支配されていた頃の影響か、「ハギ」や、「雪輪」等が古典に存在します。
また、「龍」や「鳳凰」などといった柄は中国の影響を受けた物と言われます。

染色技法には次のような種類があります。

朧型紅型(うぶるーがた)
染地型と白地型を用いて地色に地紋を表します。

染地型紅型
一回の糊置きで模様の彩色と地染をします。

返し型紅型
一度、白地型で染めてから、文様を糊伏せし地色を染めます。

白地型紅型
一回の糊置きで地は白く残し、模様にだけ彩色します。

筒書き
型紙を使用せず、手書きで糊を絞り出しながら柄を書いていき、その後、色を挿していく技法で、
特にウチクイ(風呂敷)、大型の幕、のれんなどにも使用される技法です。

藍方(えーがた)
琉球藍に生地を漬けこんで染める浸け染めの技法で、
藍の染液に生地を沈めて浸染します。適度の色合いになるまで何度も何度も藍に漬けられます。

※今の紅型柄は安いものはほとんど型捺染または機械捺染で、
 正式な紅型とは異なるものです。
 目的は低価格で製品化するため、そして扱いが便利なように洗える着物(ポリエステルなど)
 で作るためなど様々です。

この項目の関連:
洗える着物 Dreamsilhouette 紅型調 ピンク/ワインピンク/ベージュ/
洗える着物 Dreamsilhouette ちりめん 紅型調花丸 紫/ピンク
和柄 電磁波(電界波)シールドエプロン『京まもろん』紅型花丸柄黒 /
着物の用語-藍型/えーがた
着物の用語-藍型/あいがた

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

最新情報をキャッチ! rss2.0

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

My Yahoo!に追加

Calendar

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ