和装下着の一種。
上半身だけの半襦袢に対し
裾まであるじゅばんの事です。

長着と肌襦袢の間に着る対丈のものです。
袖丈は長着に合わせて半衿江をつけ
着物の裏の汚れを防ぐとともに
保温の役目も持っています。

素材は正絹ポリエステル・麻・和紙・綿・竹などがあり、
最近では吸汗速乾襦袢など機能性のものも存在しています。

色付けはぼかしのもの、無地のもの、糊や手摺りの友禅で小紋調子のもの、
付け下げ調子のもの、絞り(帽子絞り/柳絞り/桶絞り/板締め絞り/鹿の子絞り)、
刺繍加工のもの又はそれらの組み合わせで表現しています。

また内袖(無双袖/仕立て上った時生地が二重になりますが、その内側)が
他の部分の生地や色が異ったり、またその部分に刺繍をしたりして
内袖を見せる事を意識したもの
(振袖襦袢の振りぼかしなどがそうです)
も作られています。

着物との組合わせは
振袖の場合は振袖用長襦袢、
付け下げ、訪問着の場合はぼかし長襦袢や無地長襦袢、絵羽付け下げ調子の長襦袢、
小紋の場合はぼかし長襦袢、糊や手摺りの友禅で小紋調子の長襦袢が一般的です。

また着物が単仕立てや薄色の場合は長襦袢との組合わせに注意が必要で、
表の着物より薄い色を着付け、外から着物を通して透けないよう
にします。

この項目の関連:
夏襦袢/ 夏長襦袢
女襦袢 絹100%
正絹 田原なおみデザイン長襦袢
洗える襦袢 女物
洗える友禅半襟

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

糸を一本又は二本以上引きそろえて
撚りをかける操作です。又は撚った糸の事です。

撚る方向によって右撚糸(S撚り)、左撚糸(Z撚り)に
またよりの回転数によって甘撚糸・並撚糸・強撚糸・縮緬糸
などに分けられます。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物の用語-覗紋
紋所の表現方法のひとつ。
丸や菱の輪郭の下半分に紋が覗いているようにした、
遊び心を取り入れた紋です。
正式ではなく洒落紋として着物や羽織などにつける、
女紋の一つです。

この項目の関連:
着物の用語-家紋/かもん
着物の種類と用途-紋付・もんつき

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

絣柄のひとつ。

猫の足跡を文様化したもので、
素朴でユーモアに溢れ一般庶民に
人気があります。

猫の足跡に似ているため
この名前があります。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

精錬の事です。
絹・毛・綿・麻などの繊維に含まれる、
不純物を取り除く方法です。
一般的に、絹の精錬を指し、
絹の場合、セリシンという膠質
(最近では化粧品に(含まれることがあります)
が表面をを固めています。
これを石鹸ソーダで煮沸して取り除きます。
これによって美しい光沢としなやかさがある
絹が出来上がります。

精錬は糸の時に練る時と
織物にしてから練るときがあり、
糸のときに精練して織ったものを先練、
生地に織ってから精錬したものを後練といいます。

先練りには御召・紬等、後練にはちりめん・羽二重・絽・紋綸子
等があります。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

生糸を精練してセリシンを除いて
絹の独特の光沢と手触りを出した糸です。
 
精錬の程度により半精錬、本精錬の
種類があります。

練糸を使用した織物を練織物と言います。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

生絹織物を精錬して
柔らかく、光沢を発揮した絹布です。

練織物と言う場合は、縦糸横糸共に
練糸で織った織物のことです。

今、中国で織った羽二重が胴裏や羽二重のかなりの割合を
占めていますが、胴裏でも中国で練った1度練りのものと日本で再度練った
2度練りの物があり、柔らかさ、風合いでかなりの差があります。

この項目の関連:
着物の用語-練糸/ねりいと
着物の用語-練り/ねり

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

最新情報をキャッチ! rss2.0

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

My Yahoo!に追加

Calendar

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ