着物の文様-秋草文
秋の野に咲く草花を文様化したもので、桔梗〈キキョウ〉・萩〈ハギ〉・女郎花〈オミナエシ〉・撫子〈ナデシコ〉・葛〈クズ〉・薄〈ススキ〉・藤袴〈フジバカマ〉の秋の七草や竜胆〈リンドウ〉等があります。季節を先取りし、涼感を与えるので、夏の着物や帯の柄によく使われます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-葦手文
色紙などに歌を書く時、水を描き、文字を葦がなびいたように絵画的に書いたものを葦手<あしで>といいます。のちに歌の意味を絵と文字で組み合わせて表わすようになり、葦手絵・歌絵と呼ぶようになります。色紙、蒔絵、衣服の文様として、持ちいられるようになりました。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-揚羽蝶文
緑黄地に黒い筋や斑文のある大形の華麗な蝶を文様化したもので、鳳蝶〈ホウチョウ〉とも呼ばれます。平安中期以降になって、蝶文が流行し、平家ゆかりの家々の家紋となり、今日に受け継がれています。牡丹や撫子などと共に小袖に用いられましたが、現代でも、振袖や留袖に好んで用いられています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-網代文
竹・葦・檜皮などを細かく薄く削って、斜め・縦・横に編んだものを網代といいます。天井・垣・屏風・牛車の屋形、笠、団扇〈うちわ〉などに、広く使用されていますが、着物の文様としても好まれ、染織品の地紋などによく用いられます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-網干文漁に使う網を棒に吊るし、三角錐状に干した姿を文様化したもので、波や葦、千鳥〈ちどり〉などと共に海辺の風景の中に取り入れたものが多くあります。江戸時代の頃から、友禅染の絵柄として、また、沖縄の紅型〈ビンガタ〉の模様にも用いられます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-荒磯文
磯の風景を岩や千鳥をあしらって文様化したものなどがあり、名物裂〈めいぶつぎれ〉にも見られることから、中国の明の時代に作られ、日本に伝来したものと思われます。現在では、帯の文様やゆかた地の文様として使われています。

この柄の関連:
男長襦袢『伊達小紋』 あらいそ グレー
男長襦袢 『伊達小紋』 あらいそ 青

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-有栖川文
名物裂の錦に見られた文様で、鹿・馬・飛竜などを菱形・たすき形・偏平な八角形などの直線で囲んだものがあります。もともと織文様ですが、色彩豊かで拡張高い美しさが好まれて、留袖や訪問着などにも染の技法で用いられています。白生地の地紋としても使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-筏文
木や竹を並べ、蔓や縄で結んで川を下るのに使った筏ですが、その筏に花を載せたり、花吹雪を添えた花筏文や、人物を乗せて風景画的に染めたものもあります。風景画的な文様は、小紋の着物、男物の襦袢〈じゅばん〉などによく使われています。

この柄の関連:
洗えるきもの 小紋

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-市松文
異なった二色の正方形を交互に並べた形の文様で、石畳文〈イシダタミモン〉・霰文〈アラレモン〉とも呼ばれています。江戸時代の中頃、歌舞伎役者の佐野川市松が袴に用いて舞台にでたことから、市松文様と呼ばれるようになりました。

この柄の関連:
正絹長襦袢 丹後 五重織

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-井筒文
井戸の上部の縁を木で四角く組んだ形・井桁/いげたを文様化したものです。以前は正方形のものを井桁、斜めのものを井筒といいましたが、現在では混用されています。染・織共に用いられ、井の字のつく家系の紋章としても多く見られます。幾何学文様のひとつ。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-糸巻文糸巻きを文様化したもので、糸巻きは板状で正方形の四辺の中央をくぼませて糸を巻くものや、立方的な枠になったものがあり、それらを意匠化し、文様にしたものです。桜花などを加えた可憐な文様は、女児用の着物や長襦袢などに見られます。

京都きもの工房
京都きもの工房


着物の文様-稲文
稲の形を文様化したもので、染織品に使われることは少なく、紋章として使われることが多いようです。京都の伏見稲荷神社の「束稲/たばね」をはじめ、神紋としても歴史があります。他に、稲波文・稲の丸等もあります。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-入替文
文様構成方法のひとつで、形や大きさの同じ文様と地が交互に入れ替わり、どちらが地なのか区別がつきにくい文様です。市松文・鱗文・立涌などの幾何学的な文様に多く見られます。白生地の地紋や帯の柄に用い、小紋の染めにも使います。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-団扇文
団扇の形を文様化したもので、団扇の形に空間を区切り、その面に文様を施ていましたが、後に、用具としての団扇を文様化し、夏の涼として、浴衣や夏用の帷子/かたびらに用いられています。団扇は中国伝来で、古くは高貴の象徴とされたようです。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-老松文
古木の松ともいわれる、年月を経た松を写したもの。能舞台の正面鏡板などがあります。雄大な枝ぶりが好まれ、男性用の長襦袢や羽織裏、女性用の留袖や振袖、袋帯など礼装用に使用されいます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-扇文
扇は日本で完成され、末広がりの意味から縁起のよいものとされています。着物の文様構成法に扇面散らしと呼ばれるものがあり、よく用いられています。扇面に草花や小紋柄を描いたもの、草花や流水との併用が多く見られます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-桜楓文
春の桜、秋の楓を組み合わせた文様で、日本人の嗜好から生まれたものでしょう。古くから絵画の題材とされ、京都の智積院の障壁画「桜楓図」等が有名。染織品には、観世水との併用がよく用いられ、季節を限定しにくい文様といえます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-近江八景
中国の瀟湘(しょうしょう)八景を真似たもので、琵琶湖を背景にした景色の良い名所を表わしたものです。比良の暮雪・矢橋の帰帆・石山の秋月・瀬田の夕照・三井の晩鐘・堅田の落雁・粟津の晴嵐・唐崎の夜雨の八景をいい、江戸時代これを着物の文様に用い、好まれています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-小車文
箱輿(はここし)をつけた車の文様で、伊勢神宮の外宮で用いた錦の新宮裂に見られる文様です。黒地に黄色、黄地に黒で表わしたものもあり、車は規則正しく上下左右に配列されています。平安時代から小車錦と呼ばれ、車と草花を互の目に配置したものもあります。

京都きもの工房
着物 襦袢 袴のメーカー直販 京都きもの工房

着物の文様-鴛鴦文
鴛鴦は姿も羽根の色も美しく、雌雄が常に一緒で夫婦仲が良いことから、絵画や詩歌の題材によく用いられています。吉祥の柄として、礼装用の着物や帯地に見られます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-貝合文
貝合わせという遊ぶがあります。平安の頃に始まった遊戯の一つで、絵かるたのようなものです。貝に美しい絵を描き左右に分けて絵柄を合わせていく遊びですが、その貝を文様化したものを貝合文です。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-貝桶文
貝合わせの貝をしまっておく入れ物を貝桶といい、六角形のものが多いです。蒔絵を施した豪華なものもあり、現在では雛道具の中に見られます。紺や花と併用して若向きの礼装用の着物や帯等の柄に使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-海賦文
風景文様の1つで、大波と千鳥、松等を併用したり、洲浜、海松貝、礎馴松など、海辺の風景を描併用したものあります。平安時代から用いられている代表的な古典文様の1つで、留袖・付け下げ・染着尺・帯等広く使用されています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-籠目文
竹で編んだ籠の網目を文様化したもので、幾何学文様の1つです。単独で使われることもありますが、多くは花等を加えて用いられています。友禅染のや摺箔に使われる場合もあり、小紋の染、帯の意匠等にも見られます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-笠松文
松葉を笠のように見たて、枝を紐のように組み合わせた文様です。
単独で扱うより2つ、3つ重ねて、重厚な雰囲気を出すように使われます。振袖や留袖、訪問着、袋帯等によく使われています。

この項目の関連:
正絹 絵羽柄 長襦袢

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-片輪車文
車輪が水の流れにかくれて、半分見えなくなった状態を文様化したものです。平安の頃の王朝貴族が用いた牛車の車輪を乾燥から防ぐために、水に浸していたものを図案化したといわれます。車輪だけの場合も多いですが、草花を併用した雅やかなものも留袖などに多いです。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-霞文
霞は本来、形のないものですが、遠近感や時間の移り変わりを表現するのに用いられます。ぼかしや模様の区切り(霞取り)などがあり、多用される文様です。また、霞文様定型化した「工」霞は、中に吉祥文様を詰めたりしてよく使われ、工の字を4つ結んだものを春霞といいます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-花鳥文
花と鳥とを組み合わせた文様のことで、正倉院に残されている文様が多く、花や鳥の名前がわからないものをいいます。花鳥唐草文や花鳥天平文などが有名で、染織品によく用いられています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-鹿子
鹿の背中の白い斑文を文様化したものです。染織品では、織・刺繍・絞りなどで表現しますが、中でも鹿の子絞り染は有名で、生地全体を鹿子絞りにしたものは手間がかかっているので、たいへん高価です。着物・羽織・長襦袢・半衿・帯揚等、広く使用されています。

この柄の関連:
紅(赤)襦袢 絹100% 鹿の子
正絹振袖用襦袢 摺り友禅

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-唐草文
蔓草の蔓や葉がからみ合って曲線を描いている文様です。世界的に古くから見られる文様で、古代エジプト・メソポタミアに幾何学的なものが残されています。日本には、中国を経て伝えられ、葡萄唐草・牡丹唐草・菊唐草・他、果実をあしらったもの等があります。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-唐子文
唐子とは中国の装いや髪型をした童子のことで、唐子人形として文様化されました。異国調の珍しさ、可愛らしさが好まれて、着物・帯・羽裏(肩裏)や陶磁器等に用いられています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-唐獅子文
獅子/しし・猪/いのしし・鹿/かのししを区別するのに、中国から伝わったことから唐獅子と呼ぶようになりました。当時日本では知られていない動物なので、多くが実物とかけ離れて意匠化されています。正倉院に残る綾や錦にも多く見られ、「四騎獅子狩文錦」等があります。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-唐花文
中国から伝わった文様で、空想・現実の花を集めた、様々なものがあります。インドやペルシャなど西方の要素を強く含み、中央に正面花を置き、周囲に二重・三重に花を配置したものを1つのモチーフに表わしたものなど多数あります。袋帯等、礼装用によく使われます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-雁木文
雁木とは、雁が列をなして空を飛ぶ時のようにぎざぎざした形のものや、階段などをいいます。この文様は角文の1つで、正方形をずらして2つ重ね、8個の角のある形にしたものです。単独ではほとんどなく、他の文様を囲むのに使われます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-観世水文
水文様の代表で、能楽の家元観世太夫が定式文様として使用したところから、名づけられた文様です。波の様子を横長にし、上下方向、左右方向に連続させた図柄で、白生地の紋意匠や帯地に使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-菊水文
菊の花に流水を配した文様です。中国の説話では、水辺の菊は神秘的な力を持つものとされ、不老長寿の印として好まれました。流れ菊や菊の遣り水と呼ばれるものもあり、多く用いられています。橘正成の家紋でもあります。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-几帳文
几帳とは平安時代の家具の1つで、室内に立てて内側を遮るために用いたものです。衝立式になった2本の柱に渡した横木に帳をかけ、帳には花鳥文・秋草文などが描かれています。振袖・留袖・訪問着・袋帯等に用いられています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-吉祥文
吉祥とは「よい兆し、めでたい印」の意味で、それを表現した文様を総称して吉祥文様の範疇です。元々中国の信仰に基づいたものですが、日本に伝来、和様化し、有職文様として使われています。鶴・亀・鳳凰・竜・麻の葉等様々あります。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-器物文
筆・硯・文房具・御簾・衝立・障子・屏風・几帳・笛・琴等、道具類を文様化しもので、単独で用いるもの、花などを取り合わせたものなど多種多様です。桃山時代から染織品に用いられ、江戸時代に入ってからより多様化しました。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-鏡裏文
裏鏡・古鏡とも呼び、古い鏡の裏側にある模様を、鏡そのものの形を生かして文様化しています。正倉院の中には、裏を金・銀・螺鈿で飾った華麗なものがあります。鏡と紐を図案化したものも多く、礼装用等の着物や帯の文様に使用されています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-源氏絵文
『源氏物語』の場面を描いた絵を文様化したもの。絵画性の強い文様で、唐織などに全面的に表現しているもの、扇面や雪輪、貝合わせなどの輪郭のなかに描いたものもあります。染や帯地の文様に用いられています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-源氏雲文
雲文の1つで、文様の中を洲浜形に仕切って、雲がたなびいた感じを表わしたものです。「源氏物語絵巻」に使われていたことから源氏雲と呼ばれるようになりました。雲に隠れた部分で時間や空間の推移を想像させています。また装飾的効果もあります。留袖や訪問着によく使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房

室町から江戸にかけて生まれた文様で、御所車ともいいます。平安時代に貴族の用いた牛車を文様化したもので、様々な建物、風景などを加えて描かれています。ほとんどは「源氏物語」を連想させることからこのように名づけられました。古典柄として留袖・振袖・帯などに使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-源氏香
源氏香とは香合わせという遊びで、香の名を当てる時に使う符号を文様化したもので、縦5本の線のつなぎ方を変化させて52の組み合わせを作ります。各々に源氏物語の巻名を付けたことで源氏香と呼ばれるようになりました。桐壷と浮橋はありません。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-高台寺蒔絵
蒔絵とは、漆や金銀粉などを使って器物に絵模様を表わす漆工美術のこと。高台寺蒔絵は、京都の高台寺に残された蒔絵で、1つの様式を持ち、桃山時代の漆芸を代表するものです。菊、桐等の秋草を中心に器物を着物の文様に用いています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-格天井文
格天井は、格子状に組んだ木の上に板を張った天井のことで、その中に絵柄を詰めた文様のことを格天井文といいます。神社仏閣の天井絵を衣服の文様としたもので、重厚な雰囲気のあるものが多いです。礼装用の着物・帯に使われます。

京都きもの工房
京都きもの工房


着物の文様-光琳水文
尾形光琳作の水文様で、曲線を描く水流が幾重にも重なり、所どころ渦を巻きながら下へ送られています。熱海美術館蔵の「紅白梅図屏風」が有名。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-光琳文様
江戸中期の画家尾形光琳が作り出した文様です。大胆で華麗な作風は着物の文様として現在でも好んで用いられています。着物・屏風絵・蒔絵・陶器にも使用されています。

京都きもの工房
京都きもの工房


着物の文様-御所車文
御所車とは天皇以下高貴な人が乗る牛車の名称で、応仁の乱以後、宮中の儀式にだけ用いたことから名付けられました。この文様は源氏車文とも呼び、草花や流水と合わせて用いることが多く、婚礼用振袖・留袖等に使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-琴柱文
琴の弦を支える2本足の柱を琴柱といい、象牙や紫檀等で作られた独特の曲線美を持つ形をしています。大柄の時は大きな琴柱の中に小柄を詰めたり、小紋柄の時は、線だけで描いたりして用います。鎌倉の頃に文様化されてから、現在まで訪問着や型染着尺に使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-寿文
文字文様の1つで、長命・めでたさの意味を表し、祝い事によく用いられています。書体は自由に変形させ、祝い布団・袱紗・留袖にも見られる吉祥文です。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-笹船文
鎌倉時代の頃から笹の葉で舟を作り水に流して遊ぶ風習が行なわれて来ましたが、この舟の形を文様化したものが笹舟文といい、江戸時代の頃から浴衣の文様として多く用いられました。その他着物や帯の柄にも使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房


着物の文様-更紗文
更紗は室町時代から江戸初期にかけて、インド・ペルシャ・シャム(タイ)・ジャワ等から渡来した木綿布の事で、草・木・鳥・獣・虫・魚が描かれていました。異国情緒あふれる多彩な文様が好まれ、その後江戸後期には和更紗も登場しました。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-沢千鳥文
平安時代の「沢千鳥螺鈿蒔絵小唐櫃」に由来する文様とされ、後に染織品にも多く意匠化されました。沢に千鳥が飛び交う様を描いた文様です。留袖・訪問着・袋帯等に使われています。

この柄の関連:
田原なおみデザイン 洗える長襦袢

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-三階松文
三笠松・老松の枝葉をかたどったものを3つ重ねたものをいいます。左右いずれかに片寄って重ねたものを右三階・左三階と呼びます。能装束には丸文に三階松を収めた文様もあり、松文の中でも広く用いられています。帯・留袖・振袖・絵絣・家紋に登場します。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-山水文
山と水を取り合わせた自然風景を文様化したものです。近江八景等場所の決まっているものと、場所を定めていない空想等のものがあります。江戸時代には、美しい総文様として友禅染の小袖に描かれました。「白地山水文様描絵小袖」は日本画の墨絵による重厚さがあります。

この柄の関連:
正絹 男襦袢・額裏「白山」

天竜 額裏(広幅の羽裏) 山水
天竜 男襦袢 山水

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-棧留縞
棧留は室町?江戸時代にインドのサントメ(港の名前)から輸入された木綿製の縞織物のことで、唐棧/とうざんともいいます。光沢のある木綿地に、藍を基調に赤・紺・黄茶・浅黄等の縦細縞を織り表現したものが多くあります。江戸時代には国産のものが登場しました。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-色紙文
色紙は和歌や俳句、絵を描く方形の厚紙ですが、色紙の中に草花や風景等を描いたものを文様化したものです。折枝や蔓等を組み合わせ、堅くなりがちな柄を和げているものが多い。近いものに短冊文があります。

京都きもの工房
京都きもの工房


着物の文様-四君子文
梅・菊・蘭・竹を四君といい、高貴な意味で四君に似ているということで、中国の宋の時代に好まれた文様です。その後日本でも吉祥文様として着物や帯に多く使われました。扇面や雲等と合わせたものもあります。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-蛇籠文
竹で細長く編んだ竹籠の仲に石を詰め、河川の護岸等に使う竹籠のことを蛇籠といいます。これに流水や草花、水鳥等を加えて文様とし、江戸時代には染物・工芸品に多く使われました。古典的な趣きが好まれ、今でも多く使われます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-松竹梅文
冬の時期、松は寒さに耐え、竹は緑を保ち、梅は花を咲かせるところから、中国では「歳寒三友」として揃った様子を吉祥の象徴とされていました。日本に伝わり、祝儀の模様・吉祥文として使われるようになって、晴れ着の帯・留袖・振袖等によく使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-障壁画
平安時代より日本絵画の形式として作られた画面風の装飾品で、桃山?江戸初期に豪華で美しい作品が作られました。今は着物の紋様にも取り入れています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-洲浜文
洲浜とは、蓬莱山の洲浜の形にならって、海中に洲の突き出た浜辺の様子を模ったもので、上から見下ろした形を図案化されています。波・小鳥を加えることが多く、洲浜取りとして文様を区切る場合にも使われます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-墨流し/
墨汁を水面に浮かして波紋状の文様を作り、これを布に移して染める染織技法です。生地の以外にも和紙等にも使われ、柄は正流・横流し・縦流し・渦などがあり、いろんな組み合せがあります。この柄は越前墨流しの名で知られ、今では墨以外の染料も使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-青海波
波文様の1つで、同心円を互い違いに重ねた文様です。起源は古く中国では地図上で海を表すものに用いられ、日本では陶器・蒔絵・能装束・小袖等に使われました。今では、吉祥文様として礼装用の紋意匠・染め・織りの柄として多く使われています。

この柄の関連:
男長襦袢 『伊達小紋』

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-扇面文
扇文・末広文とも呼ばれ、末が広がる(末広がり)ことから縁起のよい吉祥文様です。扇面の中に草花など種々の文様を入れることが多く、扇に貼る地紙だけで用いられる場合は、染織品に様々な形で使われます。

この柄の関連:
天竜 額裏(広幅の羽裏) 扇面山水
天竜 男襦袢 扇面に山水

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-双鶴文
平安時代より好まれた文様で、二羽の鶴を向かい合わせに置いた文様です。左右又は上下対称に構成し、円形・菱形の中にまとまっています。有職文様として能装束等によく使われます。

この項目の関連:
着物の文様-有職文/ゆうそくもん

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-誰が袖文
江戸時代の小袖に多かった文様で、色彩豊かな小袖を衣桁にかけた様子を屏風に描いた「誰が袖屏風」を着物の文様に意匠化しています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-宝尽くし
如意宝珠(願いのかなう宝の玉)・宝鑰・打出の小槌・金嚢(金銭を入れる袋)・隠蓑・隠笠・丁字・宝剣・宝輪・法螺などを散らしています。吉祥文の1つで、宝物を集めた文様です。福徳を招く文様として、祝儀の着物や帯に用いられます。

この項目の関連:
洗える着物 付下げ 刺繍 さくら色地に宝尽くし 光触媒消臭
洗える着物 付下げ 刺繍 黒地に宝尽くし 光触媒消臭

京都きもの工房

着物の文様-橘文
橘は柑橘類の一種で、京都御所紫宸殿の右近の橘は有名です。格調の高い文様として平安時代の頃から永く親しまれています。現在も、留袖・振袖・訪問着・付け下げ等多く用いられています。家紋としても多く使われている文様です。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-伊達文
花鳥・山水・文字等を派手に文様化したもので、江戸時代に家紋とされたものとは別のようです。摺箔・刺繍・絞染・友禅染などで作った豪華で人目をひくものをポイントにしています。伊達紋の打掛等が有名。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-立涌文
有職文様の一つで、波型のラインが2本向き合って並んでいます。奈良時代より使われていて、ふくらんだ部分に、菊・桐・雲などの文様を詰めたものもあり、これは雲立涌、花立涌、波立涌と呼びます。染織品によく使われている文様です。たちわきともいいます。

この柄の関連:
洗える紬着物 大島紬調 よろけ柄 黒/テイジンシルパール
洗える紬着物 大島紬調 よろけ柄 紺色/テイジンシルパール
洗える紬着物 大島紬調 よろけ柄 白クリーム/テイジンシルパール
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-短冊文
和歌・俳句・絵等を書く細長い色紙=料紙を文様化したものです。よくその中に草花で小紋柄、文字等が描かれています。また、樹や竹に短冊を下げた文様もあります。

この柄の関連:
天竜 額裏(広幅の羽裏) 短冊
天竜 男襦袢 短冊

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-辻が花
室町末期?桃山時代に作られた、絞りを基調とした文様染です。草花を図案化し、白・茶・紫・藍を主体に絞り染めと墨注しによる繊細な描き絵で表わし、摺箔や刺繍を加えた美しい染めです。製作年間が短くすぐに無くなったので、幻の染といわれます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-槌車文
水車の輪の回りに柄杓をつけた揚水車を文様化したものです。この部分が槌の形に似ているので槌車と呼ばれます。車輪には、六本輻と八本輻があり、観世水や青海波風の水門を加えよく使われます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-鼓文
朝鮮から伝わった鼓は、能楽の流行に伴い盛んになりました。鼓を文様化し、紐や革をデザイン化したり、組紐や花を加えて使われます。着物・帯・羽織裏等に使われ、鼓文の家紋もあります。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-露芝文
芝草に露が降りた状態を文様化しています。三日月形に描いた芝草に小さな水玉を添えた文様は、夏の着物や帯に多く用いられています。紋意匠にも多く見られ、他の文様を加え四季を問わず用いられています。

この項目の関連:
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-鶴菱文
二羽の鶴を組み合わせて菱形の中に配した文様で織物の紋意匠に使われます。

この項目の関連:
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-遠山文
遠くに見える山並みを文様化したもので、古来、絵画や工芸品にも使用されてきました。染織品では険しい山ではなく、なだらかな半円形のものが多く用いられます。絞りや小紋では、山の輪郭線に近い部分は細かい点で埋め、袖にいくにしたがって粗くぼかしています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-木賊文
木賊は羊歯類の常緑多年草で、細い円筒形の節のある植物です。棒状を並べた単純な形が好まれ、能装束・染めにも使われます。木賊だけを円形に構成した木賊丸文以外に、鎌・兎等を加えたものもあります。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-熨斗文
熨斗は、あわびを薄く剥いで引き伸ばし、紙の間に挟んで祝儀の進物・引出物に添えたのが始まりで、延寿の印というめでたいものを文様化しています。江戸中期の振袖に優れた作品があります。束ね熨斗や暴れ熨斗等様々な形に文様化され使用されています。

この柄の関連:
正絹クイ?ンサイズ(幅広)振袖用襦袢

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-花籠文
様々な花を籠に盛った形を文様化したもので、中国の古事から瑞祥とされている、江戸時代から使われている文様です。四季を通じて用いられる文様で、例えば秋の草花を盛ったものは、夏の着物に先取りして使われます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-花丸文
草花を円形に入れた文様で、丸文の1つです。様々な花を文様化していて、能装束・小袖から現在の着物・帯の柄等多くに使われています。また、刺繍でも表現されています。

この柄の関連:
洗える着物 Dreamsilhouette ちりめん 紅型調華丸 ピンク
洗える着物 Dreamsilhouette ちりめん 紅型調華丸 紫

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-檜扇文
檜扇は、檜の薄板の上部を絹糸で繋げた扇で、平安時代の貴族が装身具として用いたもの。美しい彩色で絵を描き、飾り結びとして長い紐と房に動きをつけた、典雅な文様です。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-檜垣文
檜の薄板を網代のように斜めに組んだ垣根を文様化したもの。この幾何学的な文様は、帯や小紋に用いられてきました。檜垣に菊唐草を散らしたり、梶の葉を加えたもの等、様々な表現があります。白生地の紋意匠にも多く使用されています。

この項目の関連:
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-風景文
自然の風景を絵画風に文様化したもので、江戸時代の友禅染が盛んになると共に広まりました。近江八景は代表例ですが、王朝風の御所解文様や楼閣山水等があり、特に名所ではない風景もあります。留袖や訪問着等によく用いられます。

この柄の関連:
洗える紬着物 大島紬調 風景柄 茶色/テイジンシルパール
洗える紬着物 大島紬調 風景柄 白クリーム/テイジンシルパール

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-吹き寄せ文
様々な落葉・落花が地面に吹き集められた様子を文様化したもので、銀杏・紅葉・松葉・松毬・蔦の葉・栗の実等、秋風が運ぶ晩秋の情緒を表わしたり、秋の他に桜や菊を入れて季節にこだわらず、自由に描かれたものもあります。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-藤棚文
古くから美しい事から藤の花は愛され、平安時代後期、藤原氏全盛の頃に文様として完成しました。藤棚文は、藤の花が棚から垂れ下がっている様子を文様化したもので、友禅染等に主に使われています。藤を使った文様は多数あり、藤の家紋もあります。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-平家納経
平家納経とは平家ゆかりの地で有名な広島の厳島神社に残された装飾経のことです。全部で33巻あり、各巻共表紙・見返し・本文の料紙に美しい染紙や金銀箔を散らし、濃い彩りの絵画等で飾られています。それらの柄は現在の着物の文様に使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-鳳凰文
古く中国で尊ばれた想像上の瑞鳥で、麒麟・竜・亀と共に四瑞とされています。鳥の王とされ、雄を鳳、雌を凰といい、名君によって天下が泰平になれば現われるという伝説があります。現在でも吉祥文として祝儀の衣装等に使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-牡丹唐草文
牡丹唐草文は室町時代?近世に、唐草文様の代表となりました。牡丹・唐草を組み合わせた文様で、中国の当時、宋・元から伝来したものには、名物裂として優れた作品が残っています。室町時代までは牡丹の葉を写生的に描いたものが多かったようですが、江戸時代以降は唐草に牡丹を加えた形が定着しました。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様- 籬文
籬とは木・竹・紫等を粗く編んだ垣のことです。これが日本的な風物として文様化されました。風景の一部として描かれることが多く、菊・梅・秋草等と共に使われ独特の趣を生み出しています。現在も、留袖・訪問着・染着尺(着物の反物)等に用いられています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-松皮菱
菱形の上下に小さな菱形を重ねたような幾何学文様で、松の木の表皮に似ているところから名付けられました。平安時代末期?鎌倉時代の絵巻物にも多数見られ、桃山時代の辻が花染にも多く使われました。松皮菱を平面でいくつかに区切って文様付けした松皮菱取りもあります。

この項目の関連:
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-真帆文
船の帆を船体と直角に張り、風を全面に受けた帆が広がった帆船を描いた文様です。帆船全体を描いたものより、帆だけを描いたものが多いようです。

この柄の関連:
摺り友禅男物額裏(広幅の羽裏) 「白山」 富士に湖・山水
摺り友禅男襦袢 「白山」 富士に湖・山水

京都きもの工房

着物の文様-水草文
水辺に生える植物をまとめて水草といいますが、水草のある水辺の風景は、日本的文様として好まれてきました。葦・沢瀉・燕子花等を水辺に置き、水鳥・波等を加えて描かれたものが多いです。

着京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-水車文
水車は揚水用として、平安時代後期?鎌倉時代に荘園の拡大と共に各地で使われました。水車を文様化したものが水車文で江戸時代の小袖に盛んに用いられました。単独では能装束に使われます。また城郭・城壁に松・柳・舟等と組み合わせたり、風景模様として使われることが多いです。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-水鳥文
水辺の鴫・せきれい・千鳥・鴨・さぎ・都鳥等を文様化したもので、葦や薄、沢瀉やその他の水草や文様と組み合わせることが多く、風情あふれる風景文様としてよく用いられています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-水文
銅鐸にも流水文が刻まれているように、古来より水は人間にとって聖なるものです。池・流水・波・渦・海・川等様々な水文が古くから文様化されています。菊・車・筏・千鳥等、他の文様と合わせて使う場合も多く、現在もよく使用されます。白生地の紋意匠にも使用されます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-御簾文
御簾とは平安時代の家屋の庇の間にかけられた美しい装飾的な簾です。江戸時代にこれを文様化し、着物に多く用いられました。紅地に御簾・几帳・檜扇等を表現した豪華な打掛もあり、現在も王朝風な文様として使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-名物裂
中国や南方諸国から輸入された様々な染織品で、茶の湯の発達に伴い広がりました。茶器の袋などに用いられ、日本の染織界に大きな影響を与えました。日野間道・花兎金襴・荒磯緞子・蜀江錦・棧留縞など織・色・柄等に優れたものが残され、帯の柄としても好まれています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-文字文
文字を文様化したもので、書体は自由に変形させ、角字文字や円寿文字のように図案化しています。文字によって吉祥・信仰・縁起・勝利などの意味を持たせ、寿・福・喜はめでたい柄、梵字・経文は仏事等の喪服用の帯の柄等で使われます。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-屋形船文
屋形船は貴人が遊山に行く時よく使われたようで、江戸時代には川遊びなどにも使われたようです。飾った御座船を文様化し、川遊びの風景の中に描いたものが多くあります。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-八つ橋文
八つ橋文は小川や池などに幅の狭い板を継ないで架けた橋のことをいいます。愛知県の逢妻川南部では、川の流れが乱れているので8つの橋を架けたことからこの地名になりました。この橋は「伊勢物語」で有名になり、光琳作の「八橋蒔絵硯箱」等に使われていれます。各種工芸品や染織品に使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-柳文
紅の花に対し、緑の柳として、細いしなやかな姿が好まれ「万葉集」などの詩歌や絵画の題材としてよく使われました。早春の芽柳、枝垂柳が特に文様化されています。風景紋にも描かれ、蹴鞠と合わせたものもよくあります。

京都きもの工房

着物の文様-山路文
山の斜面を登るようにジグザグの線で表わされた文様で、山形が3つ以上連なったものをいいます。能装束・小袖の紋意匠にも使われ、横段の柄に対し縦柄になり、裾模様等に使われます。単独もありますが、それ以外に他の文様を加えることもあります。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-有職文
平安時代以来、公家の邸宅の調度・服装・輿車などの装飾に用いられた文様の総称です。古典文様で、現在も使われているものが多く、主なものに小葵文・唐草文菱文襷文亀甲文七宝文立桶文等があります。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-雪持柳文
枝垂柳の葉に雪の積もった様子を文様化したもので、桃山時代に流行しました。上杉神社蔵の胴服や岐阜春日神社に伝わる縫箔等が有名です。雪持ちの文様は他にも、雪持笹・雪持椿等、様々な植物で文様化されています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-雪輪文
雪の文様の1つで、雪の結晶に見られる美しい六角形の輪郭を円形に描いた文様です。桃山時代の能装束等にも見られ、「雪花図説」の結晶図は有名。雪輪の中に他の文様を入れたり、文様同士の区切りにも使われます。美しく癖が少ないので振袖・留袖・小紋・帯等よく使用されています。

この柄の関連:
洗える着物 Dreamsilhouette ちりめん 雪輪とちどり 黒

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-洛中洛外図
安土桃山時代に主にに流行した屏風絵のひとつで、京都の市街・内外の名所旧跡・四季折々の行事等を一望した状態を描いています。貴族の邸宅・社寺、庶民の住居など都会の生活の表わされています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-乱菊文
菊文様のひとつで、菊の花びらを大きく、長く描いて乱れ咲いた様子をさらに華やかに目立たせるために大胆に表わしています。江戸時代末期の「垣根菊花萩文様唐草」は乱菊を主題にしたものです。

この柄の関連:
和柄 電磁波(電界波)シールドエプロン『京まもろん』乱菊柄グレー
和柄 電磁波(電界波)シールドエプロン『京まもろん』乱菊柄紫
和柄 電磁波(電界波)シールドエプロン『京まもろん』乱菊柄濃紺

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-流水文
水の流れる様を文様化したもので、弥生時代の銅鐸にも見られます。日本には水を題材にする文様は多いですが、流水文は、風景や草花を加えてよく使われています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-若竹文
若竹はその年芽生えた竹の事で、今年竹、新竹ともいいます。優しいしなやかな姿が好まれて文様化されており、写生風に描いて春の染帯に用いられたりします。江戸時代の安政時代くらいに流行しました。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-若松文
吉祥文様といえばすぐ松を連想するほど、松は有名な文様になっています。厳寒の冬にも常緑を保ちつづける姿は不老長寿の象徴とされ、色々な工芸文様に用いられています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-麻の葉文
麻の葉文様は割付文様の一つで、鎌倉時代には既に存在したようです。六角形のなかに六個の三角形を組み込んだ連続文様が、幾何学的でバランスが良く、すっきりした文様です。この模様が麻の葉に似ていることから、“麻の葉”と呼ばれるようになり、成長が早い麻にあやかって、産着や子供の着物に多用されたようです。

この柄の関連:
絹100% 丹後紬着物

洗える紅(赤)長襦袢 反物(生地文)
洗える長襦袢おしゃれ『さくらんぼ(生地文)
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-入子菱
縄文時代から続いている菱文の変形。菱形の中にさらにいくつかの菱を入れて入子にしたものをいいます。割付文様の一つ。

この項目の関連:
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-亀甲文
亀甲文は、六角形を縦横一面に並べた文様のことで、その形が亀の甲羅に似ていることからこの名がつけられています。亀は吉祥とされる生き物の一つなので、亀甲文様も吉祥を表す文様とされています。

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-網目文様
網目文様は曲線を交差させ繋いだ形の文様です。漁師の網の目の形になる事から網目文様と呼ばれるようになりました。簡潔でリズミカルな曲線が美しいとされ、江戸時代に流行し、陶磁器の文様や小紋・手拭に使われました。網目文を実際の漁網に見立てて魚・海老・蛸などを配した文様も江戸時代後期に生まれ、漁師や魚市場の人々が「大漁文」として愛好しました。
網打って一網打尽にするように敵を打ち負かすようにと武将の紋にも使われました。

この項目の関連:
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-花菱文
割付文の一つ。菱文は縄文時代より続く直線を交差させてできる幾何学文であったが、花菱は菱形に模して四弁の花形を意匠したもの。平安から鎌倉時代に装束の織物の紋意匠に菱文が多様に用いられました。

この柄の関連:
男長襦袢 『伊達小紋』
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-菊菱文
縄文時代より続く直線を交差させてできる幾何学文である菱文に菊を加えたものです。菊は慶事だけでなく忌時にも使える文様です。

この項目の関連:
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-七宝
七宝文は、同じ円を円周の四分の一ずつ重ねていく文様で輪繋ぎ文とも呼ばれます。
七宝は仏教で金・銀・瑠璃・玻璃・珊瑚・瑪瑙・真珠の貴重な宝を指します。
代表例として、正倉院裂の「黄地七宝文夾纈薄絹」が挙げられます。

この柄の関連:
男長襦袢 『伊達小紋』
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-毘沙門亀甲
六角形の亀甲を、下に二つ、上に一つつなぎあわせたいわゆる三盛亀甲を一つの単位とした連続文様。すなわち三個の亀甲形を一点を中心に組み合わせ、その外側の輪郭を基本形とした連続文様です。中国では宋時代の文様として鎖錦という名で知られ、唐の作品といわれる京都教王護国寺の国宝兜跋毘沙門天像の甲冑にはこの文様が彫られています。毘沙門天は四天王・十二天の一で、多聞天とも呼ばれます。須弥山の中腹にあって北方を守護し多くの夜叉、羅刹を統率するとともに仏法を守護し福徳を受ける善神。その形像は怒りの相を表わし、甲冑を着け、片手に宝塔、片手に宝棒または戟を持っています。わが国では七福神の一つで、この毘沙門天が着用している甲冑の文様が多く亀甲形であるためこの名が生まれました。連続してつなげたものを毘沙門亀甲繋/びしゃもんきっこうつばなぎ文とよんだりもします。

この項目の関連:
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-業平格子
業平格子は業平朝臣が好んだ柄でだったようです。江戸時代の歌舞伎役者歌右衛門が用いたことから流行しました。現在でも、帯・浴衣・法被・絣の着物の柄として使われている派手な格子縞柄です。

この項目の関連:
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-蜀江文
蜀江は中国の蜀の首都を流れる河で、この地域では古くから良質の絹織物を産出し日本にも輸入され「蜀江錦」としてもてはやされ、そこから蜀江文と呼ばれるようになりました。
蜀江錦には八角形と四角形をつなぎ、中の部分に唐花などのいろいろな文様が織りで表現しているものが多くあり、そこからこの文様自体を蜀江文様と呼ぶようになりました。日本では帯・能装束・茶器の至覆・書画の表装等、名物裂としても重宝されました。

この項目の関連:
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-鈴文
鈴は楽器の一つ。古代では土製が多く、魔除けとして用いられてきました。
後から神事や祭祀に使用されてきた。この習慣は中国から伝わったものです。
楽器として用いられるようになりました。魔よけとして吉祥文の一つになっています。

この柄の関連:
洗える紅(赤)襦袢 鈴紋
洗える長襦袢 白地に赤 鈴

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-裂取り文
古代の織物の断片を裂(きれ)といいます。そこから、裂をパッチワーク状にした文様を裂取り文と呼ぶようになりました。
日本人に長年親しまれてきた文様が裂取りされています。長寿や美人祈願、学業上達など普遍的な願いが込められています。

この柄の関連:
男長襦袢 『伊達小紋』 裂取り紋 青グレー
男長襦袢『伊達小紋』裂取り文 緑
男長襦袢 『伊達小紋』 裂取り文 茶色

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-蜻蛉
蜻蛉は俊敏で攻撃力が強く、空中で飛び回る虫を的確に捕まえる事が出来るため、特に武士に好まれ、勝虫・勝軍虫/かちいくさむしとも呼ばれ、武具や装飾に文様として使われていたそうです。
文様では矢や菖蒲(勝負)と組み合わせ、武運を担いだようです。

この柄の関連:
洗える角帯

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-鳥獣戯画
正しくは『鳥獣人物戯画巻』といわれます。全4巻の絵巻で国宝に指定されているが、4巻とも同時代の作ではなく、第1・第2の両巻は12世紀、平安時代後期の作とされ、あとの2巻は13世紀、鎌倉時代の作とされています。筆者は古来鳥羽僧正といわれています。
しかし第1・第2の両巻の表現形式は僧正の在世時代のあたりに近いといわれます。その画風には鎌倉時代に各種の題材にちなんで諷刺的に描く戯れの絵といわれた「嗚呼絵」すなわち後世に戯絵(ざれえ)といわれた絵の画風に似ており、事実鳥羽僧正は嗚呼絵も描いているところから鳥羽絵ともいわれ、古来諷刺画の祖とされます。
この絵巻のすばらしさは、広義の大和絵が生んだ最も表現力ある線の巧みさにあります。
鳥獣戯画の伝称の背景は、この絵巻が京都・高山寺に所蔵されており、当寺は平安時代一時廃絶したのを1206年(建永1)後鳥羽上皇の院宣によって明恵上人が再興、寺号を高山寺と改め、密教化した東大寺に代わるべく華厳宗の根本学堂とし、鎌倉時代屈指の名刹で、応仁の乱で諸堂焼失したとはいえ多くの典籍(高山寺という)を所蔵し、仏師や絵仏師・工人を多数かかえ、工房も構えていたといわれ、この『鳥獣戯画巻』をはじめ多くの絵画や彫刻・工芸の名品を所蔵していた、今に法灯の続く名刹であります。
この絵巻の形式的な特徴は、他のほとんどの絵巻が紙本着色であるのに対して、これは全巻紙本白描であること、そして詞書をまったく用意しなかったようで、全巻絵を連続的に描いていることなどです。
大きさは4巻とも紙の縦は約30cmですが、長さは第1巻(甲巻ともいう)は約1,148cm・第2巻(乙巻)は約1,189cm・第3巻(丙巻)は約1,130cm・第4巻(丁巻)は短く約933cmです。

その場面・内容は、
第1巻(甲巻)では猿・鬼・蛙・狐・雑子・猫など合計103匹が登場して、いずれも擬人化され、溪流に沐浴したり、賭弓をしたり、袈裟を着た猿、鹿を引く兎、逃げるもの、追いかけられるもの、倒れた蛙を他の動物が囲んで眺めたり、蛙の田楽踊り、兎と蛙の相撲、蛙に投げ飛ばされる兎、蛙を壇上に祭り、猿・兎・狐が袈裟を着て読経し、まわりに動物の会葬者が見守り、最後に猿が兎・蛙からおきよめを戴く場面で終わっており、いわゆる「鳥獣戯画(巻)」と呼ばれる最もポピュラーな巻です。
第2巻(乙巻)は他の巻のように戯画ではなく、動物生態図で説話の筋はありません。野馬に始まり、牛・鷹・犬・鶏・鷲・水犀・麒麟・豹・山羊・虎・獅子・竜・象・獏など空想的なものも含めて総計69匹の鳥獣が登場しています。「鳥獣写生巻」ともいわれています。
第3巻(丙巻)は人間が登場して、前半は囲碁・双六・将棋・耳引き・首引き・睨み合い・褌引き・闘鶏・闘犬の9場面を描き、いずれも賭けごとのようです。後半は第1巻とテーマがやや似ていて、猿・兎・狐などが人まねをして遊ぶところを描いている。「人物鳥獣戯画巻」とも呼ばれます。
第4巻はテーマとしては第3巻の前半部にやや近く、人間社会のことを描いているようです。つまり法力競べ・流鏑馬(やぶさめ)・法要・球投げなど僧侶・俗人達の勝負事や行事の様子です。「人物戯画巻」ともいいます。

 以上,各巻内容はまちまちで一貫せず、それらの主題の意味が何であるのかその解釈をめぐって種々の議論が行われていて、第1巻と第3巻後半などは明らかに平安末期の社会批判の諷刺画、特に当時の仏教界に対する諷刺かと思われます。また全巻に賭博がみられることは俗界への諷刺かと推測されます。
この作者の意図は先述の高山寺の地理も考え合わせると、下界の京の卑俗から超脱して神仙世界への憧れを暗示したものと思われます。

この柄の関連:
男長襦袢 『伊達小紋』

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-菖蒲文
菖蒲は「勝武」「尚武」「勝負」と同音の為、武人に特に好まれました。その為、甲冑や武具・馬具に盛んに用いられました。
長寿のまじない、魔除けとしても用いられ、今も5月の節句にその習慣が残っています。菖蒲だけを単独で使えば初夏の趣きが強調されますが、具体的な文様の場合は御所解き文様のように、風景の中に流水と共に使う場合もあります。

この柄の関連:
男長襦袢 『伊達小紋』

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-シケ
シケ引きとは櫛状にそいだ幅広のシケ刷毛に染料を含ませ、一気に縞模様を染めいれる技法です。もともと着物や反物を染めるのに用いられてきました。直線上での独特の色の混ざり具合が特徴です。

この柄の関連:
男長襦袢 『伊達小紋』
手シケ男襦袢・額裏
洗える男襦袢 小紋柄
洗える男物額裏・肩裏

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-千社札文
「千社札」は、観音巡礼での参拝奉納の印である「納札」の習俗より生まれたようです。
本来は信仰目的でしたが江戸時代になると遊びの要素が加わりました。

貼り方も本来は手の届くところに貼っていたものが、より目立つ所、高い所にエスカレートし、
目立つところに貼る事を「人見」と呼び、風雨にさらされぬところに貼る事を「隠し貼り」といいます。
また交換会が開かれる様になって遊び心やお洒落が加わり、浮世絵師、彫り師、摺り師の手による贅贅沢なものが作られました。

千社札を貼り重ねた様子が粋で縁起物でもありしばしば男物着物・長襦袢に使われます。

追記:「色札は貼るべからず」・「傾げて貼るのは借家の札」等の約束事もあるようです。

この柄の関連:
男長襦袢 『伊達小紋』

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-襷紋

たすきを斜め十字にうちちがえた事から出た文様です。
鳥襷、花襷などがあります。

この項目の関連:
着物の文様-有職文/ゆうそくもん
着物の用語-割付模様

京都きもの工房
京都きもの工房

着物の文様-菱紋
菱の実のような形の文様の連続したものです。
菱文が隣接して沢山並ぶのを繁菱、間隔を置いて並ぶのを遠菱と言います。

見本のような横長の菱文は菱文、
横長の縦長の菱文の場合は立菱といって区別します。

この項目の関連:
着物の文様-入子菱/いりこびし
着物の文様-有職文/ゆうそくもん
着物の用語-割付模様

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

縁起紋七宝つなぎsippoutunagi
吉祥紋ともいいます。
おめでたい意を表す文様の総称で、瑞祥文(ずいしょうもん)ともいいます。

多種多様の文様があり、
鶴・亀・鳳凰・麒麟・牡丹・龍・霊芝・扇面・七宝など単独のものや
宝尽くし・七福神・三友(松竹梅)・桐に鳳凰など
二種以上組み合わせたものなどがあります。

由来も様々で
神様の使いの存在を表すもの
(鶴・亀・鳳凰・麒麟・竜等)
この項目の関連:
摺り友禅男襦袢 「白山」 ⑪昇り竜額裏
天竜 男襦袢 ⑫ 龍額裏
縁起の良い、また魔よけの動植物を描いたもの
(菖蒲紋・桃・松竹梅)
男長襦袢 『伊達小紋』 菖蒲紋 グレー紺グレー小豆茶
古代より伝わる紋自体に意味があるもの
(七宝・かごめ・星型等)
洗える紅(赤)襦袢 麻の葉紋
洗える長襦袢おしゃれ『さくらんぼ』(地紋)
神仏様を描いたもの
(風塵雷神・七福神・竜神・仁王様等)
天竜 男襦袢 ⑩ 風神・雷神額裏
天竜 男襦袢 ④ 七福神額裏
形状に吉祥を見出したもの
(扇子等)
言葉を文様化したもの(判じ紋)
(鎌〇ぬ/構わぬ・ふぐと茄子/福と成す)
洗える男襦袢 小紋柄 ふぐと茄子 青/茶色/鉄紺
洗える男物肩裏(羽裏) 吉祥 構わぬ/ふぐと茄子 青/茶色/鉄紺

その他、七転び八起きのだるまの男襦袢額裏
そして初夢で見ると縁起のいい一富士ニ鷹三なすびの男襦袢額裏
などがあります。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

最新情報をキャッチ! rss2.0

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

My Yahoo!に追加

Calendar

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ