手描き友禅のひとつです。

加賀の金沢で作られている着物で、
このように言われています。

もともと色に特徴があり、藍色・黄土色・臙脂色・緑色・墨色(濃紫)
と言われる加賀五彩を基調にしていて、
模様の外側から濃い色を、内側へ向かって薄い色にしていくぼかしと
木の実などの模様に墨色の点で描く虫食いが独特な表現です。

最近の加賀友禅の作家物は写生風の草花やモダンなデザインで
配色も新しくなっています。

手描き友禅の方法は京都とほとんど同じですが、
加賀友禅には刺繍や箔置きはほとんどしません。

この項目の関連:
正絹 絵羽柄 長襦袢
着物の用語-友禅/ゆうぜん

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物の裏地の付け方の一つです。

主に男物の羽織裏(羽裏)に使われる
贅沢な仕立て方です。

額面のように花鳥・山水風景・人物・竜などの動物等を
染めたり織ったりして羽裏を使って仕立てたものや又はその生地です。

また額仕立て裏と言う意味で着物の褄先の角などがかさばらないように
角を額縁のように仕立てることです。

道行衿の角・帯の角・掛け布団の表側の角等にもみられる仕立て方です。

この項目の関連:
洗える男物額裏
正絹男襦袢・額
手描 額裏(広幅の羽裏)
男女両用白墨絵手描額裏
新商品の紹介-正絹男物額裏 浮世絵 写楽

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

和服着物の部分の名称です。

長着・半纏・丹前・夜具などの衿の汚れを
防ぐ目的であらかじめ本衿の上に
掛ける衿の事です。

同じ生地や別の生地を用います。

長着の場合、表布と同じを掛け
共襟と言います。

半纏や丹前には黒繻子や黒八丈を
掛けます。

この項目の関連:
洗える友禅半襟

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

十五世紀のころ、フランスのゴブランによって始められた
多彩な手織りの織物です。
主な用途は室内装飾用のタペストリーが主です。

京都の西陣でも同じような多色使いの帯が
生産され、ゴブランと呼ばれています。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

男帯の一種です。

幅が狭く、堅い帯の総称で、

丸ぐけや兵児帯のような扱き帯に対し

折り目がきっちりした物とされます。

緞子、博多織、斜子、綴、糸織り、小倉木綿など
硬く締まった生地風のものが適しています。

この項目の関連:
角帯ワンタッチ(絹)
ワンタッチ角帯(pe)
洗える角帯
絹100%本場筑前博多帯

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

撚りの強くかかった糸の事です。
駒絽や駒お召しなどを織るのに用い、
上撚と下撚の差が小さいので、
しぼ(生地の凹凸)が目立たず、
さっぱりとしています。

この項目の関連:
洗える着物 絽/夏物 男物
洗える夏襦袢・夏長襦袢

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

羽織の一種で、江戸時代の初期、
正保から元禄(1644年?1703年)に流行した
和衆羽織です。
羽織丈が短く腰の部分までの長さで、
袖丈が胴より長い振袖になっています。

その形が蝙蝠に似ていてこう言われました。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物の用語-関西仕立て
着物や長襦袢の仕立て方のひとつ。
関東仕立てに対する言い方です。

着物では一般的に関西仕立てにしますが
長襦袢では関東の撥衿仕立てに対して
関西の広衿仕立てにしたものです。

衿幅の自由が利きやすく、胸の辺りを
斜めに折ってゆったりと合わせる事が出来ますので、
胸もとがはだける心配が少ない仕立て方です。

広 衿: 
女性用は普通の着物は広衿が一般的です。
衿の幅を広く衿裏をつけて、着るときに衿を半分に
折って着ます。
衿幅の調節が出来る為、体型に合わせた着付けができ、
着崩れしにくいのが利点です。
着物のほか長襦袢にも広衿があり、
襦袢の場合衿幅は2寸8分になります。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物の用語-関東仕立て
長襦袢の仕立て方のひとつ。
関西仕立てに対する言い方で、
東京仕立てとも言います。

長襦袢の衿を裾まで通して付け、
撥衿仕立てにしています。

裾捌きが良いのが特徴で
浴衣や普段着に使われます。

撥衿(ばちえり)
衿先に向けて少し幅が広がるように、折った状態で
仕立てます。そのため衿裏は使いません。
三味線のバチに似ているところから言われた言葉です。
気軽に手早く着られるので、ゆかたやウールや木綿など
の普段着向きの仕立てです。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

別名マシンプリント。

機械による捺染方法で、手加工に対する言い方です。

ロール捺染、平板(スクリーン)捺染等の方法があります。
小紋や長襦袢では一般的になっています。

構造上、ロール捺染より平板(スクリーン)捺染のほうが
多色での染めが可能です。

これは平板捺染は1つの生地に対し
機械が何回も染めの板を当てて摺りながら移動していきますが
ロール捺染ではロールを置く位置が決まっていて
生地が回転するロールに当たりながら流れていく為です。
(平板捺染の平板は1枚あたり1色、
ロール捺染も1本あたり1色の染めになります)

また、このためにロール捺染ではロールのドラムの大きさで
染め上がりの柄の伸びが変わります。
(柄が繰り返しになりますが、
ドラム一周の長さが柄の1巡の長さになるため)

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物を仕立てるときの一着分の生地・着物の反物。

普通は幅約37cm・長さ約12.5mを
大人1人分として織ったものです。
(最近は体型の大きな方に合わせて幅38.5?40cm、
もしくはそれ以上になっています)

反物には小紋や友禅のような染物や、
紬や御召のような織物があり、

それぞれ染着尺・織着尺と言います。

羽織やコート用のものは短く、
羽尺と言います。

仕立てるときの目安としては、
裄丈を最大にとろうとする場合は
この2倍-(縫いしろ2cm×2)と考えてください。
ただし、実際に仕立てる場合は、
裄丈=(身幅÷2)+袖幅で、
袖幅が2~3cm長くなります。

この項目の関連:
洗える着物 江戸小紋 万筋 幅広 反物
洗える着物色無地 光触媒消臭 幅広 反物
洗える着物 刺繍小紋 光消臭 幅広 反物
洗える小紋着物DreamSilhouette反物
洗える着物 紬大島紬調 反物
女着物 絹100%
洗える男着物/羽織(角通し)
洗える男着物/羽織(紬/つむぎ)
洗える着物 絽/夏物 男物
洗える着物/羽織 男物(ちりめん)
正絹 男着物

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

和裁の技法のひとつ。

縫い目が表に見えたりはだけたりする事を
防ぐ方法です。
縫い目を片返しにするとき縫い目より少し
奥を折り山にしますが、
このときの縫い目から折り山までのわずかな部分を
きせと言い、きせを用いる事を「きせをかける」と言います。

着物の場合はほとんどの縫い目には2mmのきせを
かけますが、裾・振り八つ口・袖口などには
少し深めにきせをかけます。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物の身丈が”仕立てられた衣服の丈”を
指すのに対し、着付ける丈を言います。

普通着物の後ろ中心の衿つけ位置から
裾までの丈を指しますが、
フォーマルはかかとが隠れるまで(長め)、
普段着カジュアルはくるぶしの半ば(短め)
くらいと着付けによって変わります。

男物の着物、女物の長襦袢・コートなど
おはしょりや揚げをしないものは着丈と身丈は
ほぼ同じで、長襦袢はやや短め(約3?4cm)になります。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

男性用の略式の着物の着姿。

羽織や袴を付けない状態の事です。
日本では古来より袴を付ける事を正式とし、
特に江戸時代は男性は武家では裃姿を、
町人では羽織姿を正装としたためこの言い方が残っています。

そのため、着物のみの楽な着姿を着流しと言います。

女性では早くから羽織を着ない小袖帯姿を正装と
していたため、女性の和服では着流しと言う言い方はありません。

この項目の関連:
正絹 男着物
洗える男着物/羽織(角通し)
洗える男着物/羽織(紬/つむぎ)
洗える着物 絽/夏物 男物
洗える着物/羽織 男物(ちりめん)

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

平安時代に天応や貴族などの袍の色を
一般の臣下が着用する事を禁じた制度や色のことです。
ただ、この色の中には天皇の許可があれば着用できる
色(聴し/ゆるし の色)も含みます。

青・赤・梔子/くちなし・深紫/こきむらさき・深緋/こきあけ・深蘇芳/こきすおう
の7色は天皇・皇族以外の使用が出来ませんでした。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

錦紗縮緬の略称です。

普通の縮緬よりしぼ(生地の凹凸)が細かく
滑らかで風合いがあります。

縦糸に細い生糸を使い、横糸に右撚り・左撚りの
強撚糸を交互に織って練ったものです。

着尺・羽尺・裏地などに使い、薄地のものは
裾回し(八掛)として使われます。

大正以後流行しました。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

定紋・紋所とも言い、その家の由所を
示すものです。

平安時代、公家の間で混雑時の
目印に牛車に紋を入れたことに
始まると言われます。

その後家具や調度品にも付けられる様になり、
戦国時代には武家の間で旗などにつけ、
戦場の目印にされました。

江戸時代では、定紋は正紋・本紋として
幕府に届出され武家の威儀を正すためものに
なりました。

その後役者や町人の間にも武家にならった
紋の使用が始まり、現在に至っています。

この項目の関連:
お仕立て・紋入れについて
正絹 男着物
洗える着物/羽織 男物(ちりめん)
洗える男着物/羽織(紬/つむぎ)
洗える着物 絽/夏物 男物
洗える着物 男物 紗紬
洗える着物 江戸小紋 万筋 幅広
洗える着物 刺繍附け下げ 光消臭
洗える着物色無地 光触媒消臭 幅広
洗えるきもの男物石持(紋付)

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

正絹肩裏

羽織の裏には羽裏(肩裏)、コートの裏にはコート裏を、また単衣仕立ての場合は肩すべりを用います。
現在はロングコートに対応できる6m(1.5丈+アルファ)が主流です。
または型物では生産量が少なく対して生産ロットが多いので長襦袢を流用されます。

羽織やコート類は訪問時に脱いだりするとき、裏地は目立ちます。
そんな時に表が落ち着いても裏地がお洒落という、
和装の独特の楽しみ方ができます。

染め方は手描きや型染め友禅、更紗や絞り染、手ぼかし染など、
おしゃれな方、着物好きな方は裏地にこだわられます。

生地素材は滑りやすい、
脱ぎ着のしやすい羽二重や平綸子などを使います。

この項目の関連:
正絹 肩裏
洗える肩裏 ポリエステル

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

最新情報をキャッチ! rss2.0

Calendar

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ