模様の表現方法に一つです。

針に色々な色糸・金糸・銀糸を通して
生地の表面や表裏両面に柄を表します。

刺繍は仏教の伝来と共に中国から伝えられたと
言われます。当時は仏教に関連のあるもののみに
使われていましたが、徐々に小袖等にも使われ、
染と併用する事で模様に立体感や豪華さを与えられる
様になりました。

日本刺繍には平縫・相良縫・菅縫・駒取等があります。

この項目の関連:
卒業式 袴 2WAY ぼかし 女性用
卒業式 袴 2WAY 無地 女性用
洗える着物 刺繍小紋 光消臭
洗える着物 刺繍附下 光消臭
2WAY袴用 オプション刺繍(国内刺繍)
紋入れ加工について

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

染色技法の一つで、
生地の一部を糸でくくったり、縫い締めたり、板で挟んで締めたりして
防染(染料が入らなくして染まるのを防ぐ事)して
染液に浸すとその部分だけ染まらず模様として現れます。

日本では奈良時代に纐纈/こうけちと言われ行われていましたが、
きょう纈/きょうけち・ろう纈/ろうけちとともに
三纈のひとつです。

防染法としては最も初歩的ですが、
全て手仕事で行われているものは
現在では贅沢品とされます。

絞り染めは防染の方法や模様の種類で区別されます。

絞り染めの種類
京鹿子絞り(別名:疋田/ひった)-細かい絞り模様が整列した模様の高級絞りです。
帽子絞り-生地の一部分をつまんで防染した絞り方です。手描きと組み合わせることもあります。
桶絞り-大きく染め分けた絞り方で全体に延びのある豪快な絞り方です。
柳絞り-縄状に生地を絞って表側が染色され、中が染め抜かれた染め分けが美しい、
     生地に縦方向に流れるような柄の絞り方です。

その他、板締め絞り、横引き鹿子、疋田三浦絞り、機械蜘蛛絞り、つまみ縫い絞り、
杢目絞り、巻き縫い絞り、巻き上げ絞り、松丈筋絞り、縫い筋杢目絞り、ミシン絞り、
白影絞り、手筋金通し絞り、豆絞り、新羽衣嵐絞り、唐松絞り
など糸の使い方などで多様な絞り染めが開発されています。

日本以外ではアジア・中国・インド・アフリカなどでも
絞り染めが行われています。

また最近では、唐絞りと言って絞り染めではありませんが、
絞りのように見せている染めもあります。

絞り染めは手間がかかり、高給品ではありますが、
きものの用途、格としてはカジュアル向きになります。

この項目の関連:
作家 「鈴木郷」の絞り 襦袢・額裏
絞り友禅・摺り友禅 併用
正絹 長襦袢 13.5m

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

線で構成する模様の総称。

二種類以上の色糸を使い織物の縦、横に
筋を織り出したものです。

縦縞・横縞・格子縞・斜め縞があります。

日本では古来横縞を倭文市/しずり、縦縞を綺/かんばた
と呼んでいましたが室町時代末期?江戸時代にかけて
南洋諸島から渡来した筋柄の木綿織物を珍重し
島布、島渡りと言い、略して島と言われていました。

また縞物を奥島と言った事から島の字に縞をあてるようになりました。
縞という字は中国で白絹や練り絹を意味する言葉でした。

縞の名称は太さや組み合わせによって千筋・万筋・棒筋・大名縞・子持ち縞・滝縞・弁慶縞・盲縞/めくらしま・よろけ縞・手綱縞などがあります。
産地名によって上田縞・小倉縞・八丈縞・青梅縞・会津縞・石下縞・遠州縞・薩摩縞などがあります。
また外来の物にはカピタン縞・ベンガラ縞・唐棧/とうざんなどがあります。

この項目の関連:
洗える着物 万筋
洗える男着物/羽織(万筋ちりめん)

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

染色・染め直し・洗い張り等着物に関する様々な仕事を
請け負い調整する事を言います。
またその業者を悉皆屋と言います。

江戸時代に大阪で始まったと言われます。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

和裁の用語です。
本縫いではなく、縫い目や折り目を固定するため
仮に綴じや押さえを縫いですること。

新品の着物の型崩れを抑えるために
本縫い作業がし易いように躾します。

この場合一般的には糸はよりの甘い双糸を使います。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

和服の袖口の裏に付ける生地の事です。

幅10cm・丈は仕上がりの袖口寸法に5cmを足し、その2倍の長さを
使います。

袷の着物には裾回しと共布を使用し、コート・羽織は表生地と
同じ生地を使います。

袖口表生地との色の調和が大事です。

男物の場合は黒羽二重の紋付以外は
黒八丈などが使われます。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

模様の名称。
一枚の着物の中に季節感を表す風物や
草木・花などを入れた模様の総称です。

一つの季節にこだわらず着ることが出来、
広く使われています。

この項目の関連:
洗える小紋 着物

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物の裾が歩く時に乱れたり絡んだりしないような
足こなしや歩き方。

歩いている時の裾のまとわり具合を
裾捌きが良い、悪いと言います。

特に洗える着物では素材がポリエステルの場合が多いので
ポリエステル素材は帯電防止加工をして
裾捌きを良くしています。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

摺り染とも言い、生地の上に模様を彫った
型紙を置き、丸刷毛に染料を含ませて
上から色を刷り込むようにして染める方法です。

ぼかしに染める事は摺りぼかしと言います。

枠に型彫った生地を張り、色を専用のへらで
刷り込んでいく方法もあり、こちらが現在多いです。(スクリーン染)
(洗える着物の上クラス、長襦袢の上クラス、正絹長襦袢の型染めはこの染め方が多いです)

この項目の関連:
男襦袢 額裏 胴裏 襦袢裏

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

防染方法のひとつ。
図案に従って糊や蝋で柄のふちを囲ってなぞり、
その内側に色を挿す染め方。

染め上がり後糸目が見えにくく
完全防染ともいうべきもので、
柄模様がくっきりと出るのが特徴で、
糸目防染では得られない
美しさがあります。

堰出し友禅とは堰出し防染で染めた
友禅染のことで、これには糊堰出しし・蝋せきだしが有ります。

主に染め帯に多く使われます。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物の下に着る和装用の下着。

長襦袢・半襦袢・肌襦袢などがあります。

ジバンのなまりでポルトガル語の
Gibãoが語源です。

この項目の関連:
男襦袢 / 額裏 / 胴裏 / 襦袢裏
正絹女襦袢
洗える襦袢/長襦袢
長襦袢 夏物

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

絣模様の一種です。

白生地に染を施して織絣のように
仕上げたものです。

直接捺染したもの・防染したもの・抜き染したもの
などがあります。

織絣に対して工程が簡単なため安価です。

近年多く流通している絣はほとんど
染絣です。

この項目の関連:
洗える着物 紬大島紬調
正絹 着物 女物

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

夏物(盛夏)に着る薄物の着物の生地の一種。

横糸を一本打ち込むごとに、二本の縦糸を交差させる
絡み織り組織の織り方で、編物のように全体に隙間が多く
透け感がある生地です。

肌触りは爽やかで、軽量感があります。

夏物なので絽と同じく7月、8月に着ます。

この項目の関連:
洗える着物 紗紬/夏物 男物
洗える男襦袢 夏物
着物の用語-絽/ろ
着物Q&Aと豆知識

京都きもの工房
京都きもの工房

最新情報をキャッチ! rss2.0

Calendar

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ