外出着の一種。
ショッピングや観劇、気軽なパーティー、
食事など「お出かけ」の際に着るおしゃれ着のことです。

紬類・小紋・ウールなどがあります。

この項目の関連:
女着物 絹100%
夏着物 女物
洗える着物 刺繍小紋 光消臭 幅広
洗える小紋着物DreamSilhouette
洗える着物 紬 大島紬調
洗える長襦袢おしゃれ『さくらんぼ
田原なおみ 洗える長襦袢 反物
洗える長襦袢水玉白地にぼかし反物

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

鎌倉時代から江戸時代初期にかけて
中国やインド、中近東などから輸入された
織物です。
室町時代以後茶人によって
茶器や茶入れの袋・棗に用いられました。
産地、所有者、文様などから名称がついています。

有名な名物裂には角倉金襴・有栖川錦・遠州緞子・吉野間道
などがあります。

現代も染織品の文様に応用されています。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

文様のある染織物の地色に対して
柄の部分の色目を言います。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

縞目も分からないほど細い縞です。
また縞でもないということからでた名称と言われます。

縦糸、横糸ともに濃く藍染めされた糸を用いた
木綿平織り物の事です。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

絹織物の精錬後の重さを表示する用語。
鯨尺で巾1尺(約37.8cm)×長さ6丈(22.7m)の
ものの重さを匁(3.75g)で表した数値。

目付けは『重い』『軽い』という言い方で表し、
目方が重くなればその分だけ絹の量が
多く価格が高くなります。匁付けとも言います。

※最近は黄変防止の役割で使っている繊維の上に樹脂加工を
分厚く施し生地が非常に重くなっている商品があります。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

縞柄の一種。

織物では縦糸二本を一羽といいますが
一羽ごとに色を変えた堅縞のことで
千筋より細く限界まで細くした縞柄です。
江戸小紋で用いられる柄の一つです。

この項目の関連:
洗える着物 江戸小紋 万筋 幅広
大きな寸法 洗える着物
洗える男着物/羽織(万筋)
和柄電磁波軽減エプロン万筋
着物の用語-縞/しま

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

格子縞の一種。

縦糸・横糸ともに二色の糸を
二本おきに織り込んだものです。
非常に細い縞が点のように見えることが
特徴です。

みじん格子・みじんとも言います。
藍色の糸を使ったものを藍みじん、
茶色の糸を使ったものを茶みじんと言います。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

縦糸を三本一組にして縞柄に織ったものです。

三筋立、三筋縞とも言います。

格子にしたものは三筋格子と言います。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

裁縫用語。
着物の身頃の長さのことです。

背からの身丈:
後ろ中央?衿付け線?背縫い線?裾までの長さ。

肩からの身丈:
肩から垂直に下ろした裾までの長さ。

この項目の関連:
着物の部位の名称

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物の部分名称。

女性用や子供ものの長着の
身頃の脇のあいている部分を指します。

袖付け止まりから脇縫い止まりまでの
空きの事です。

男物の着物の仕立てでは袖を付け詰めにして
身八つ口はありません。

この項目の関連:
着物の部位の名称

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

木綿織物のひとつ。

薄手の地に太目の糸を織り込み
生地面に縞状や格子状の凸凹を
表現したものです。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

和服の染め直しのひとつです。

色あせしたり、汚れたりした生地を
色抜きせずそのまま同系色や異系色で
上染めする更生染です。

色抜きが難しい御召・紬など先染のものに
使われる方法です。

柄の白い部分が消えるので暗めに仕上がるのが
特徴です。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

模様を織り出した織物のことで、
紋織りの場合は織機に模様を入れるように
したもので織ったものです。
(ドビー織機、ジャガード織機など)

紋御召、紋縮緬、紋綸子などがあります。

この項目の関連:
洗える襦袢 女物
クイーンサイズ(幅広)長襦袢 反物
小松産正絹長襦袢 絞り 反物
正絹クイーンサイズ振袖襦袢 手摺
正絹クイーンサイズ振袖襦袢振暈し
丹後産正絹長襦袢 内袖刺繍 反物
丹後産正絹長襦袢 内袖刺繍 反物
正絹 田原なおみデザイン長襦袢

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

文様の一種。
生地に木材の木目の文様を表した織物です。

木綿、絹、毛などに使われていて
仕上げの工程で木目を出す方法と
仕上げの後生地に金属ロールを使い
強い圧力でつける方法があります。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

染め方の一つ。

木目がはっきりと立った板に防染糊を塗って
その上から強く擦って糊を生地に写します。
そしてこの生地を染めると木目が現れるという
染め方です。

江戸には木綿に多く見られた方法ですが
現在は紬に用いられる方法です。

渋い仕上がりが特徴です。

木目染、木染と同じです。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

染下生地の一種。

縦糸に駒撚糸を、地横に強撚糸、絵横に生糸や
柞蚕糸などを使用した横二重織縮緬の事で、
光沢のある地紋を織り出しています。

色無地に染めると地紋が引き立ちます。
また色留袖や訪問着などにも使われます。

紋意匠の中にも無地風の生地があり、
染下生地として使用されます。

元々紋意匠縮緬という言い方は紋意匠糸を使用した事に
由来すると言いますが、紋意匠糸を使用したものは
ほとんどありません。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

縮緬の一種。
平織りの地に斜紋組織や繻子組織で
文様を織り出した縮緬の事です。

文様部分は普通の縮緬より細手の
強撚糸を織り込み、組織が細かいです。

この項目の関連:
正絹帯揚
丹後産正絹長襦袢 内袖刺繍 反物
丹後産正絹長襦袢 内袖刺繍 反物
丹後長襦袢 辻が花調内袖刺繍反物

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

織り方の一つ。
繻子組織の表裏で模様柄を織り出した
生地です。
表と裏は同柄で逆上がりになり、
光っていない方が表に使った場合、通常の使い方で、
光っている方を表にした場合、繻子使いと言います。

この項目の関連:
洗える襦袢 女物クイーンサイズ(幅広)長襦袢 反物
クイーンサイズ振袖襦袢 糊友禅
小松産正絹長襦袢 絞り 反物
正絹クイーンサイズ振袖襦袢振暈し
丹後産正絹長襦袢 内袖刺繍 反物(内袖無地)
丹後産正絹長襦袢 内袖刺繍 反物
丹後正絹長襦袢 五重織

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

最新情報をキャッチ! rss2.0

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

My Yahoo!に追加

Calendar

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ