着物 紬/kimono tumugi
紬は先染めの着物、織りの着物、かたい着物ともよばれ、結城紬や大島紬が有名です。
先染めとは、糸を先に染め、その糸で織り白糸と色糸の組合せ、違う色糸との縦糸、横糸の
組合せで模様を作ることです。
もともと紬は一度着た着物を色を抜いて、生地を繊維にし、もう一度つむぎ合わせて生地にしていたものが始まりです。
多くが手仕事ということもあって趣味の着物ですが、高価なものです。

素材は絹・真綿・繭屑・木綿・麻など豊富です。
用途は、旅行、買い物などに街着、趣味の着物として着用されます。

主な紬の産地

・岩泉南部紬、花泉南部紬-岩手県
・みちのく紫根染紬、紅花紬、置賜紬、羽前紬、栗虫紬、摩耶ぜんまい紬、米琉-山形県
・福島紬、小浜紬-福島県
・結城紬、石下紬、豊田紬、筑波紬、絹田紬-茨城県
・秩父真綿紬、飯能大島-埼玉県
・村山大島、黄八丈-東京都
・小千谷紬、塩沢紬、六条ゆきやま紬、古代紬、十日町紬、栃尾紬-新潟県
・桑山紬-富山県
・白山紬、能州紬、白山紬、牛首紬-石川県
・甲斐絹紬、甲州唐糸紬-山梨県
・上田紬、飯田紬、伊那紬、信州紬、天蚕紬、ふとり紬、柞蚕紬-長野県
・ざざんざ織-静岡県
・郡上紬-岐阜県
・日枝紬、浜紬-滋賀県
・西陣上代紬、丹後白紬-京都府
・烏城紬-岡山県
・八女紬-福岡県
・本場大島紬-鹿児島県
・綾の手紬、恵利蚕紬、琉球古典紬-宮崎県
・久米島紬、ロートン織紬、首里花織紬、琉球紬、南風原紬、宮古紬-沖縄県

●紬の訪問着
紬地の絵羽模様の訪問着も呉服屋さんなどで見かけます。高価な訪問着ではありますが、紬地ということで気の張らないお茶会や趣味の集い、外出着として着用します。正装には不適切。

※近年では後染めの紬のきものも多く存在します。

この項目の関連:
正絹 男着物 小千谷縦紬
洗える男着物/羽織(紬/つむぎ)
正絹 きもの
商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物 小紋/kimono komon
小紋とは一反の反物全体に端から端まで模様が繰り返しつけられた着物です。
友禅、更紗、ろうけつ染め、紅型、絞り等な染めの技法をつかって染められた着物があります。
用途は正月の初詣、外出着、旅行、同窓会等幅広く着用できますが、
どちらかと言えばカジュアルの着物です。

小紋の中で江戸時代に出来た江戸小紋は他の小紋より格式が上で
紋入れをすると一般の小紋よりずっと格上になり、
その格式は訪問着や色無地と同等になります。

明治時代に多くの染め技法が出来、華やかな小紋が増え
流行しました。

主な物に京友禅・加賀小紋・江戸小紋・東京小紋・越後型小紋・紅型・更紗の小紋などなど
存在します。

生地は縮緬が多いですが、紬や地模様がある綸子なども使われます。

帯との組合わせは綴れ、名古屋、染め帯など様々に楽しめます。

この項目の関連:
洗える着物 女物
洗える着物 刺繍小紋 光消臭 幅広
洗える小紋着物DreamSilhouette反物
着物の種類と用途-江戸小紋/えどこもん

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物 訪問着/kimono houmongii
訪問着は、ミス、ミセスの区別なく着用できる着物です。
縫い目をまたいで柄がつながるように柄を付けられ(絵羽付け)、
肩裾模様・裾から後ろ身頃、肩から背中、袖に柄を
体を回るように柄を付けた着物です。
店頭では反物ではなく仮絵羽といい、着物の形にしてあります。

柄の種類は豊富で古代意匠柄・古典柄・現代柄など様々です。

格は、色留袖や振袖に次ぐ、正装の着物です。
・ミセス:色留袖>訪問着
・ミス:振袖>訪問着

3つ紋、1つ紋をつけ準礼装の着物として着用出来ます。
なお以前は3つ紋が正式でしたが最近は1つ紋の場合もあります。
出来れば染め抜き、出来なければ縫い紋でも良いでしょう。

仕立ての場合は八掛(裾回し)はきものと共色、共生地にするか
柄の1部分と同色にします。
ただし薄色のきものの場合は表から色が映らないよう
きものより薄い色のものを使います。

長襦袢と合わせる時、、
薄色のきものの場合は表から色が映らないよう
きものより薄い色のものを着るようにしてください。

帯との組合せは袋帯、名古屋帯、綴れ、
帯揚げは箔おき、絞り、ぼかしなど使用してください。

※付下げ訪問着という着物もありますが、
訪問着調子の柄を反物の状態でしています。
販売は反物の状態でされている着物です。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物 色留袖/kimono irotomesode
色留袖は、江戸褄と言われる裾に柄がある着物で、ミセスの礼装として格調高いものです。
格式の高い柄のものが選ばれ、紋の付け方で使い分けします。
染め抜き日向5つ紋をつけ場合、比翼仕立てをし、黒留袖と同格になり、正礼装の装いとなります。
3つ紋、1つ紋にすると比翼仕立てをせずに、準礼装の装いになり、白・着物と同系色の
伊達衿、帯揚げ、帯締をつけ、草履は台が高く鼻緒と台が同色の金や白、淡色のエナメルなどを併せ、お洒落を楽しめます。

用途としては結婚式などの招待客として多く出席する場合、パーティー、改まったお茶会に着ます。

年代やTPO似合わせて選びますが、
若い方は柄の位置が高いもので華やかなもの、
年配のミセスには柄、色目が控えめなものです。
地色は着物の目的から淡い色目で控えめな柄ゆきのものが多くなっています。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物 振袖/kimono furisode
未婚女性の準礼装の着物である振袖ですが、袖の長さにより呼び名・格が異なります。
振袖の特徴は袖の「袂」(たもと)が特に長いことにある」
と、正式には定義されています。
大振袖は袖が3尺(約120センチ)=約くるぶしあたりまで
中振袖は袖が2尺6寸(約100センチ)?2尺8寸(約107センチ)=約ふくらはぎあたりまで
小振袖は袖が1尺5寸(約60センチ)?2尺(約80センチ)=約ひざ頭あたりまで
格は袖が長い方が高くなります。(大振袖>中振袖>小振袖)

本振袖は正礼装となり花嫁衣裳、結婚式のお色直しや格式高い行事などに着用します。
そのことからも吉祥文様で豪華な柄のものが多いです。
もともと5つ紋付の下襲がついたものが本式ですが、
最近は紋を省略し下襲(かさね=下着)を用いる場合も
比翼仕立にし省略する事がほとんどです。

・本振袖と振袖
本振袖----正礼装(下襲有)
振袖----準礼装(下襲無)

振袖は元々室町時代の小袖から発達。
桃山時代に染め技法が増え、豪華なきものになり、
江戸時代に袖が長くなって行き今の振袖になりました。

合わせる帯は豪華な丸帯、袋帯になります。
帯揚げ専用の総絞りなど豪華な帯揚げを、
帯締めは錦織や太い、やはり豪華な物を使用します。

長襦袢は専用の反物の状態で長さ18メートルの
長い振袖用長襦袢を使用します。
こちらも豪華な加工の物が多いです。
(一般の長襦袢は反物の状態で13.5メートルです。
袖の部分が長いのでその分が長くなります)

草履は金銀を使ったエナメルや布の踵の高めの物を使います。

その時々で女性用袴を合わせます。

余談ですが、江戸時代には結婚すると
若年者が着用する振袖の長い袖を結婚後に留めて短くする習慣があり、
これらの着物を柄いきに関わらず全て「留袖」といっていました。
ここから「留袖」と言う名称自体がやがて「既婚女性の礼装」と言う意味に転じていった
とあります。

この項目の関連:
正絹クイーンサイズ振袖襦袢 手摺
正絹クイーンサイズ振袖襦袢振暈し
田原なおみデザイン洗える振袖襦袢
二尺袖着物(小振袖)
卒業式2WAY 袴 ぼかし
卒業式2WAY袴 無地

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物 黒留袖/kimono kurotomesode
黒留袖は既婚者=ミセスの正礼装で染め抜き日向紋(陽紋)5つ紋をつけ、
下襲(かさね=下着)か比翼仕立てにします。
今はほとんどが比翼仕立てにします。

留袖とは、振袖の持主が結婚し振袖の袖を留めた
事により、その事から既婚女性の物となります。

結婚式に出席する際、花嫁の母親、花婿の母親、家族、親族、仲人夫人が着用します。
黒留袖は裾模様といって裾から後ろ身頃にかけての模様が特徴となっています。
黒留袖は若いミセスと年配のミセスでは選ぶ柄ゆきが違ってきますので、
年代に合ったものが選ばれます。
一枚目は結婚の支度の時に作る場合が多く、
年齢の若い方の場合は、柄が高い位置、帯のあたりまであるもので
色使いも派手なもの、
さらに長身の方なら大柄でダイナミックなものも着こなせます。
また歳を重ね中年になると、柄の位置も低く、
色使いも控えめなものが似合います。
着物の着方は年齢に対し柄が派手に感じる場合は、
袋帯の柄に大人しいものを選ぶと落ち着きます。
本来は着物の格から丸帯をしていましたが、
最近ではほとんどの場合、袋帯を用いるようです。

本来、黒留袖にも季節によって
袷、単衣、薄物の衣替えがありますが、
昔と違い冷房も完備されているので夏場でも袷を着用することが多いです。

合わせる帯は丸帯、袋帯、
帯揚、帯締、半襟、襦袢、足袋は白になります。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物 江戸小紋/kimono edokomon
江戸小紋はもともと江戸時代に出来たものです。
発祥は武士の第一礼装である裃に用いられた柄だといわれます。
当時、贅沢と華美な装いを禁じた奢侈禁止令により、着物の布地や染め色まで幕府から指定されていたので、大名は色や柄のついた着物を着ることができず、一見無地に見える細かな柄を施し、その柄を独自に考案することで各藩の差別化をしました。
このため、江戸小紋は単彩ながら柄の数は豊富で、それぞれの柄に、様々な意味が込められています。江戸小紋でも格上とされる「鮫(さめ)」「角通し(かくどおし・かくとおし)」「行儀(ぎょうぎ)」は、三役と呼ばれる基本柄です。
「鮫」は徳川8代将軍吉宗の生家の紀州家が用いた柄で、扇形の模様を斜めに組み合わせ、鮫の肌に見立てている。江戸小紋で最もよく知られる代表柄です。
「角通し」は、小さな点を縦横に整然と並べ、縦にも横にも筋を通すという意味があります。
「行儀」は角通しに似ているが、点の並べ方が斜めになっています。お辞儀をする時、斜めに体を曲げることに由来しています。
「万筋(まんすじ)」と呼ばれる縞柄は、一寸(約3センチ)の幅に何本の縞を入れられるかという、縞の細かさでランク分けされている。20本以上の縞があるものは「毛万筋」と呼ばれ、最上級の極毛万筋ならば、26本も縞が入っています。

着方は、江戸小紋の着物は紋の有無、合わせる帯により格を決められ、それによって用途が異なります。格のある地紋や地の柄が細かなものなら3つ紋をつけ、袋帯を合わせると準礼装に、1つ紋をつけ、袋帯をすると略礼装、紋をつけず名古屋帯をすると外出着・カジュアル的な着物になります。
地色を藍、ねずみ色、緑、水色、紫などにし1つ紋を入れておくと、慶弔両用に使えるので、半喪服として法事などにも着用できます。
喪の用途も考える場合は、地色・柄にはおめでたい柄は避けましょう。


この項目の関連:
洗える着物 江戸小紋 万筋
洗える男着物/羽織(角通し)
着物の種類と用途-小紋/こもん

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物 色無地/kimono iromuji
色無地の着物は黒以外の一色に染められた着物で、地紋意匠がありますが、柄はありません。

卒業式に袴と合わせたり、お宮参り、お茶席、お出かけ、色を抑えた物なら弔事にも着用できます。
他の着物に比べ、幅広く着られるので、1枚で色々対応できます。
紋を入れることで格を上げることも出来ますし
紋を入れずに帯や小物次第でお洒落着としても着られます。

またお茶・お花など和のお稽古事には、色無地の着物はよく使います。

若い方があまり地味な色合いのきものを着るのは不自然な時がありますので
派手すぎず、地味すぎず、上品でご自身に似合う色を探してみてください。

紋について

紋を付けない色無地は、街着感覚で着られます。
一つ紋を付ければ正式なお茶会や祝賀会などに着られる略礼装となります。
三つ紋を付ければ付け下げや紋の入らない訪問着よりも格は高くなります。

お茶席に着用するときは、一般的には紋を付けます。正式には三つ紋を、
気軽なお茶会なら1つ紋やしゃれ紋でも対応出来ます。
ただ、三つ紋まで付けてしまうと、気軽には着られず、着る場所が限られます。

お茶席は格式の高い場から、気軽なものまで様々なので形式で選ぶより、
茶事の趣旨に対し着物を選ぶと良いでしょう。

紋の数は合せる帯によって軽くも重くも装える、一つ紋の色無地が便利です。

法事や知人の通夜、お葬式などに色無地を着用する際は、一つ紋で
なるべく地織りの小さい物が良いでしょう。
弔辞に向く地紋には、雲取り、紗綾形、波文などがあります。
色合いが地味でも吉祥模様などは避けましょう。
色はグレー・渋い抹茶色・暗い紫のダーク系の色を選びます。

弔事に色無地を着用する場合、帯は喪服用の黒の帯か、法事用のダークカラーの帯を合わせます。

黒喪服には小物類も、黒のものを合わせます。
略喪の場合は、黒以外にグレーなど地味な色合いのものが合うでしょう。

帯との組み合わせ

色無地の着物も帯の合わせ方により、様々な場面に着られます。
織りの名古屋帯・袋帯が良く合い、金や銀の箔が入っていればより格調高くなります。


カジュアルに装う時
(用途:ショッピングなどの街着として、コンサート、ディナー、ランチやお稽古等)

普段着感覚の紋なしの色無地には、カジュアルな半幅帯や、名古屋帯を合せます。
この場合、軽すぎず、箔が入ったものが良いでしょう。
普段着より、もう少しおしゃれに着たい時は、袋帯を合わせ、重い柄ではなく
洒落っぽいものが良いでしょう。

仕立ての時の八掛(裾回し)はきものと異なった色、濃度、柄物など使います。

格調高く装う時
(用途:格式の高いお茶会や祝賀会、ウェディングパーティー等)

紋が入った色無地に、帯も少し格を上げて、金銀糸の入った格の高い織りの名古屋帯、または吉祥模様の袋帯を合わせます。このような袋帯を合わせた場合、紋なしの付け下げより格上になります。
お茶会などに着る時の帯は、格の高い織り名古屋や大人しい袋帯等を合せます。
古典的な柄付けで、上品な帯が好まれます。

仕立ての時の八掛(裾回し)は共色、共布を使います。

この項目の関連:
洗える着物/羽織 男物(ちりめん)
洗える男着物/羽織(紬/つむぎ)
洗える夏着物 男物(駒絽)
正絹 男着物
洗える着物 色無地 光消臭 幅広

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物 付下げ訪問着/kimono tukesagehoumongi
付下げ訪問着は絵羽付下げとも言い、訪問着の略式の着物です。
訪問着は絵羽づけの着物で、仮絵羽の状態で絵柄を付けるため、工程により高価な着物になります。
付下げ訪問着は反物の状態で柄づけしていくのでその分安価になります。
「付下げ訪問着」と言わないと訪問着との区別がつかないものもありますが、訪問着ほど柄づけ、衿?胸・胸?袖等の緻密な柄づけのものは少なく、訪問着を手軽に手に入れたい時の着物といえます。
店頭でも普通、訪問着は仮絵羽で、付下げ訪問着は反物で販売されます。

通常付下げ訪問着は紋を入れないことが多いですが、一つ紋を入れる場合もあります。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物 洗える着物/kimono araerukimono(washable)
最近はポリエステル等化学繊維の技術が進み、肌触りも絹の着物に近く着物の生地としても多く用いられるようになり、ニュー着物ともよばれます。
元々着物や帯の多くは絹でできているため扱いやお手入れから敬遠される方も多いのですが、
洗える着物や帯の登場で扱いは簡単になり、家庭の洗濯機で着物が丸洗いができたり、雨の日も心配なく着れることから若い方はもちろんのこと、年配のファンも多いようです。
価格も安価で、大いに着物を楽しむことができます。

夏物も汗に強く、色落ちも絹の着物より起きにくく、後で洗濯でき、お勧めです。
また、通常、洗える着物は撥水(水をはじく)・撥油(油をはじく)・帯電防止(静電気を帯びにくくする)加工を、洗える長襦袢は帯電防止(静電気を帯びにくくする)加工をしているので気心地も良くなってきています。
(長襦袢は撥水・撥油加工せずに蒸れにくく仕上げます)

長襦袢も正装以外は化繊がお値段、お手入れからもおすすめで、最近では洗練された柄のものも多く販売されています。

着付け用、雨の日用として用意する、着物をたくさんほしい、絹では買えないような着物を選べるなど洗える着物はメリットがたくさんあります。

洗える着物のお手入れは、ポリエステル等は化繊ですので熱に弱いので、
タバコの火・不必要な折しわ等に気をつけ、アイロンをする場合は低温?中温で必ず当て布をし、細心の注意をはらって下さい。

この項目の関連:
洗える着物 刺繍小紋 光消臭 幅広
洗える着物 刺繍附け下げ 光消臭
洗える着物色無地 光触媒消臭 幅広
洗える着物 江戸小紋 万筋柄
洗える着物 紬大島紬調
洗える着物 小紋
夏着物 女物
洗える着物 男物
洗える襦袢 女物

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物 銘仙/kimono meisen
銘仙とは、先染めの平織りの絹織物です。銘仙の源流は、屑繭や玉繭からとった太い糸を緯(よこ)糸に用いた丈夫な縞織物(太織)で、秩父周辺の養蚕地帯の人々の自家用の着物でした。
それが明治時代の縞柄の流行に乗って関東で着られるようになり(「縞銘仙」)、大正期には絣模様を織り出した「絣銘仙」が流行し、伊勢崎、群馬県桐生、埼玉県秩父、栃木県足利、東京都八王子等北・西関東を中心に生産されるようになりました。
 
大正の中頃に「解し織/ほぐしおり」の技法発明され銘仙の生産が一新される事になります。
経糸を並べてずれないように仮織りし、模様を捺染し、仮織の緯糸を抜いて解しながら、再び緯糸を通して本織するこの技法によって、たくさんの色を用いた複雑な柄の着尺(きもの生地)を効率よく生産できるようになりました。
この頃から伝統的な天然染料に代わって染色効率が抜群によく色の彩度が高い人工染料が用いられるようになりました。

技術革新を背景に、大正末期?昭和初期のモダン文化の流行に乗り欧米の洋服地デザインの影響を受け大胆でハイカラ、色鮮やかな「模様銘仙」が大流行します。模様銘仙のデザインは、着物でありながら、ヨーロッパアートの潮流の影響を受け、大正期の模様銘仙には曲線的なアールヌーボー、昭和には直線的で幾何学的なアールデコ調が出現します。
 
昭和初期、銘仙全盛期の秩父では、デザインを東京の美術学校で洋画を専攻している学生に委嘱したり、来日したフランスのデザイナーと交流したり、ドイツから輸入した染料を使ったりしていたそうです。地元の職人さんも、そうした最新のモダンデザインを着尺に乗せることに職人的プライドを感じて、さまざまな技術的チャレンジを繰り返しました。
現在アンティーク着物として残る銘仙の色柄の中にまるで油絵を思わせるものやヨーロッパの同時代のデザインに比べても遜色のないものがあるのは、こうした新しい発想と努力の結果でした。
また、工場で大量生産される安価な銘仙の出現によって、それまでは木綿しか着られなかった庶民の女性までが絹の着物に袖を通すことができるようになりました。
 
こうして大正後期?昭和期初期に、銘仙は、東京を中心に中産階級の普段着、庶民のおしゃれ着、カフェの女給の仕事着として地位を確立しました。
 
銘仙は、戦後の、繊維製品の統制が解除された昭和20年代後半から30年代前半(1950?1960)にも、伊勢崎を中心に生産され、アメリカの洋服地を模倣した大柄で華やかなデザインのものが流行しましたが、その繁栄は短く、昭和32年(1957)にウール着尺が発明されてブームになると、その地位を取って替わられ、着物が普段着のではなくなった昭和40年代(1965?)以降はほとんど姿を消してしまいました。
 
今、アンティーク着物として私たちが手に取る銘仙は、ほとんど「模様銘仙」か「絣銘仙」で、
昭和初期の着物は70年前後、戦後の着物も約40年昔の着物ということになります。
 
初期のものほど緯糸の節が目立ち「ぶつぶつした感じ/ネップと言います」、時代経過とともに次第に糸の節が目立たず滑らかなものが多くなります。昭和の大量生産品は滑らかで光沢のあるものがほとんどですが、緯糸に人絹を用いた水に弱く強度不足(張力に弱い)の粗悪品も数多く出回ったので注意が必要です。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物 浴衣/kimono yukata
浴衣(ゆかた)は和服の一種で、平安時代の湯帷子(ゆかたびら)がその原型とされます。
湯帷子は、平安中期に成立した倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)によると、内衣布で沐浴するための衣とされます。
この時代、複数の人と入浴する機会があったため、汗取りと裸を隠す目的で使用されたものと思われます。素材は、水に強く水切れの良い麻が使われていたという説があります。
安土桃山時代頃から、湯上りに着て肌の水分を吸い取らせる目的でひろく用いられるようになり、
江戸時代に入って庶民の愛好する衣類の一種になったと言う事です。
「ゆかた」の名は「ゆかたびら」の略のようです。

浴衣は普通、木綿地の単物で、和服のなかでも最も簡便かつ単純な構造です。
(このため戦後のある時期まで家庭科の授業では浴衣を縫うことが多かった)
着用の場合には、素肌の上に直接着るか、和装用スリップ肌襦袢・Tシャツで、
生地が薄く、開放的で風通しがよいことから、夏場や湯上り、寝巻きとしての用途が主です。
男子は兵児帯・三尺帯、女子は半幅帯で着るのが古風ですが、明治以降兵児帯が登場しし、
兵児帯を用いることもあります。

浴衣に合わせる履物は、素足に下駄が一般的です。
浴衣は単品や下駄とセットで販売されますが、
下駄は好みのデザイン・鼻緒か、浴衣とのコィーデネートでもいいでしょう。
最近はビーチサンダルや洋服用のサンダルを合わせる人もいます。

元々略装の最たるものですから、浴衣で出かけられるのは気取らない場所にかぎり、この格好で人と会うのは失礼とされますが、現在は和装そのものが稀になってきており、こうした感覚をあまり感じない人も多いようです。

現代では浴衣は、主に花火・縁日・盆踊りなどの夏の行事に着ます。
温泉街では浴衣を着て下駄を履くのが雰囲気を出すのに重要として、浴衣着用を前提とした町づくりをしてあるところもあります。
浴衣は色鮮やかで、下駄も音が好まれるため、祭り、温泉とも華やかな雰囲気になるとして、浴衣・下駄着用を前提とした取り組み・企画は増えています。
またデパートや商業施設、観光関係やサービス業の従業員など夏の制服として着用する事も多くなりました。最近の女性用ではミニスカートのように裾が膝より高いタイプも出てきました。

最近では、温泉街や祭りなどを鮮やかにするため、みんなで気軽に浴衣を着てもらおうと、旅館で宿泊客に浴衣と下駄を貸し出したりプレゼントしたり、観光施設で浴衣を貸し出すところもあり、浴衣は温泉地の一種のリゾートウェアと言う役割もあります。

日本独特の使い方では、旅館やホテルに寝巻きの代わりとして客用の浴衣がよく用意してあります。 また、日本舞踊などのお稽古着として使用されることもあます。

浴衣は元々白地の木綿を藍で染抜くのが原則で、柄も大胆なものが多かったのですが、
近年では和服を着る唯一の機会が浴衣ということも多くなり、華やかな色合いと柄のものなど多様化しています。
また最近は浴衣本来の素材の木綿ではなく、ポリエステルなどを用いた単(ひとえ)の着物としての用途も増えています。

乞巧奠(きっこうてん)の慣習と織女祭に因み、日本ゆかた連合会により7月7日が浴衣の日となっています。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物 夏物/kimono natsumono(Summer wear)
夏の着物は、着手にも見た目にも涼しく工夫されています。
夏に涼しく肌触りの良い麻や、絹・紬でも織り方を工夫し、夏用に作られた着物地があります。

絽(ろ)
夏の生地としてもっとも人気のある絽。留袖から、喪服、小紋、長襦袢等幅広く使われています。
平織りにすきまをつくった、もじり織りの一種です。
薄地で軽量、すきまが多く通気性が良い生地で、絽の目によって経絽(たてろ)と緯絽(よころ)があります。

紗(しゃ)
経糸と緯糸がシンプルに交差したもじり織りです。網の目のようです。
地模様を表現している紋紗(もんしゃ)、二重織りの風通紗(ふうつうしゃ)、節があり紬風の粋紗(きっしゃ)等があります。

羅(ら)
羅は、紗を複雑にしたもじり織りです。紗より目が荒い織物で、手編みのような感覚です。
着物地でなく、帯やコート時に使います。

上布(じょうふ)
上布は、新潟県の越後上布、石川県の能登上布、滋賀県の近江上布、沖縄県の宮古上布等があり、細い麻糸で織られた薄くて丈夫な上質の麻織物です。

縮(ちぢみ)
縮は、麻糸に強い撚(よ)りをかけて織物にし、その後湯もみをすると、シワのようなしぼが布表面にある織物を麻縮といいます。
新潟県の越後縮、小千谷縮、石川県の能登縮等があります。別名しじらともいわれます。

この項目の関連:
夏着物 女物
洗える着物 男物 夏物 絽と紗
洗える夏襦袢・夏長襦袢
正絹 夏襦袢 駒絽 白

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物 紋付き
紋付イメージ

紋を付けた衣服の意味で、礼装用として用いられる着物・羽織の
総称です。
紋の表し方にも
染め抜き紋(紋の型を染め抜いた上に描く紋)
貼り付け紋(紋の型を描いた生地を貼り付ける方法)
縫い紋(刺繍で紋型を表現する方法)
刷り込み紋(紋の型を置いて染料を刷り込む方法)
が有ります。
染め抜き紋が正式となります。
縫い紋の羽織は男女ともにお洒落用になります。

紋付羽織/もんつきばおり
紋付羽織は紋を付けた羽織の総称で、
男物では黒地に白く染め抜いた五つ紋付の羽織・袴が
最も正式です。
女性用の紋付では黒紋付・色紋付があり、
略礼装では一つ紋・三つ紋の羽織があります。

この項目の関連:
紋付(石持)
男女両用白墨絵手描額裏
お仕立て・紋入れについて
着物の用語-家紋/かもん

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物 付下げ/kimono tsukesage 洗える着物 付け下げ

付け下げは訪問着を簡略化した、訪問着より気軽で小紋より格の高い染めの着物です。
付け下げの特徴は、左右の身頃や肩から袖にかけて模様がつながっていない事です。
柄での付け下げとは華美な訪問着が禁止された戦時下に出来た模様つけの方法、
またはその方法で出来た着物の事で、訪問着のように仮仕立てにして絵羽模様を柄付けせずに
反物の状態で、着た時に模様がすべて上を向くように描いたものです。
その後、人気が出たために、上前と衽と前身頃の縫い目で模様がつながるようになり付け下げ訪問着と呼ばれる華やかな付け下げもできました。
付け下げには洒落た絵柄がポイント箇所にだけあるものや華やかな模様のものもあり、しかも訪問着より求め安い価格で、洋服のシンプルな感覚に慣れた人にも親しみやすく、茶席の侘びたく空間にも合い、絞り染めや刺繍を施した付け下げもあり、技法や文様の種類も豊富である事により人気のある着物です。
また縮緬や綸子、紋意匠などに染められた付け下げや結城紬や大島紬をはじめ、作家物の草木染めの紬等にも付け下げ柄が見られます。

付け下げは、準礼装の中でも、ややくだけた着物ですから紋はなくてもよく、付けるなら染め抜きの影紋か縫いの一つ紋が向いています。

合せる帯は、付け下げの着物の柄の軽・重や着ていく場所によって袋帯か織りの名古屋帯を選びます。控えめな柄の付け下げには染め名古屋帯も使えます。
帯揚げや帯締めは、改まった時に着るなら金銀が少し入ったものが、くだけた時に着るなら金銀の入らないものが合います。

合わせる長襦袢は、きものの合わせた色物で、
きものの色が濃いときは友禅やぼかし、絞りなどを、
きものの色が薄いときはきもの地より薄色のぼかしを使います。

仕立ての時もきものの表から映らないようにするため
八掛(裾回し)をきものの色が薄いときはきもの地より薄色のものか
ぼかしを使います。

付け下げは、基本的には反物の形で呉服店の店頭に並べられていますが、
着物になった時の雰囲気が分かり易いよう仮絵羽に仕立ててある場合もあります。

着て行ける場所は披露宴のおよばれやパーティーなど訪問着と変わりません。
織りの着物の付け下げ柄は、着物の洒落着として、観劇や会合などに着られています。


この項目の関連:
洗える着物 刺繍附け下げ 光消臭

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

最新情報をキャッチ! rss2.0

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

My Yahoo!に追加

Calendar

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ