古代から用いられている植物染料です。
主に蓼藍(たであい)と山藍(やまあい)が栽培されています。
そのなかで藍と言えば蓼藍をいいます。
四国の徳島県が主な産地なことから阿波藍とも呼ばれています。

独特の香りがあり、慈み・深みがある色合いは化学染料では
出ないものです。

ただ摩擦には弱く扱いに気をつける必要があります。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

沖縄県の藍型の一種。別名えーがた。

沖縄の代表的な多彩染め『紅型』に対し
藍一色で染めるためこう呼ばれています。

柄の傾向・型紙・型付けは紅型と同じ、
浸染めで染められています。

この項目の関連:
着物の用語-藍型/えーがた
着物の用語-紅型/びんがた

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

染色道具の一つで、藍壺とも呼ばれます。
藍液を発行させるため用いられる陶器の入れ物です。

通常四個の瓶を一組にして
土中に埋め、中央に火壺を置き
冬季も藍液を適温に保ち、糸や生地を浸し染めます。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

冬物と夏物の中間の季節に着る衣服を言います。

明治以後の洋服が主流になり使われるようになり
洋装では合服と言います。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

表着と下着の間に着る着物です。

江戸時代では武家の女性が着た打掛けの下に着た小袖の事を言い、
現在は花嫁衣裳での打掛けを着る時に着られ、掛下と言われます。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

更紗の一種で、室町時代の末にインド・シャム(タイ)・ジャワ・ペルシャ(イラン)等から
伝来した模様染。

藍染の藍色を主体にした更紗です。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

染色技法。
初めに藍で下染めをしその上を他の染料で
再度染めます。

色を深め堅牢度を高めるための方法です。
黒や紺の染めに使います。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

裁縫用語の一つで、正確に縫い合わせるため
袖付け襟付け等縫い合わせる時の両方の同じ位置に
それぞれにつける印です。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

摺り染色方法の一つ。

生地の面に藍を擦り付けて柄を作します。
またこの方法で染めた着物を摺り衣と言います。

山藍の葉を摺って染めた物を青摺り別名青摺り衣と言います。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

藍液で染めた着物などの衣、
または染色方法を言います。

藍瓶の中に糸や生地を浸し、絞り、空気に晒すと
酸素で酸化され、独特の青色に発色します。

藍染めは納得の色になるまで。
何回もこの工程を繰り返します。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

藍の染料で別名玉藍。

蓼藍の生葉を乾燥させ粉砕し、
水をかけて発酵させた蒅(すくも)を
臼で突いて丸く固めて干した物です。

藍染めの時細かく砕いて使います。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

衽(おくみ)の襟下の上の部分での
衽の幅の言い方。

衿下と衿先の端が合った部分です。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

藍液は藍瓶の中で発酵します。

この時に出来る泡のことを藍花といいます。

藍は直接顔料として使用せず、藍花を固めて原料にします。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

藍を使った縞柄の名称です。

縦に藍染め糸二本に地糸二本を一柄、
横にも藍染め糸二本に地糸二本を一柄として
織った非常に繊細な縞模様を表現しています。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

木綿の浴衣の藍染め浴衣のこと。
中形とも言い、同じ藍染めですが、
藍染の木綿の浴衣に対する限定した
呼び方です。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

藍花や藍染した生地を石灰や水飴等で煮出して
藍を抽出して作った顔料です。

このうち棒状に固めた物を藍棒といいます。

浮世絵の版画にも使われます。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

縦・横共に濃い藍染の糸をで織った木綿の
平織りの紬。

縞目が見えないくらい細かいので
盲縞(めくらしま)・盲紺・紺無地・織り紺とも
言われます。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

青花・藍紙とも言います。

露草の花で色が青いのでこのように言われます。

この花の絞り汁を和紙に染み込ませ乾燥させ、
手描き友禅などの下絵を描くとき使います。

この色汁は水洗で落ちるので描き直しが出来ます。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

染色用語のひとつで先染めに対する言い方。

織りあがった白生地に後から染色して色柄を染める事。

白生地には縮緬・紋綸子・羽二重・絽などが多く
小紋染め・中形・紅型・絞り・ろうけつ染めなどに染められる。

後染めには振袖・留袖・訪問着・付け下げ等がある。

この項目の関連:
女襦袢 絹100%
正絹 男着物
正絹男襦袢・額
正絹帯揚
振袖用 長襦袢
洗える着物 女物
洗える襦袢 女物
洗える着物 男物
洗える男襦袢・額

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

別名 明石縮。
昔明石地方で生産されたのでこう言われています。

縦糸に生糸・横糸に強撚練り糸を使用した
夏用の高級縮です。

生地に張りがあり清涼感が有る肌触りが特徴です。

柄は絣・縞柄で現在新潟の十日町で生産されています。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

和裁用語です。

居敷とは臀部の古語で、別名尻当て。

単の着物・長襦袢の臀部の位置に

補強のため裏から縫い付けておく生地です。

着物を着て座ると体重がかかり
生地の横向けに大きな力がかかるので、
着物地がたるんだり、縫い目がほころび易く、
それを防ぐ目的に仕立ての時補強しておきます。

着物の共布やさらし綿
最近は絹の着物には絹製、ポリエステルの着物にはポリエステルを
使います。

この項目の関連:
正絹居敷当/長襦袢保強に
お仕立て・紋入れについて

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

植物染料のひとつです。

アカネ科の多年性蔓草で、日本の赤色の
染料として最も古いものです。

染料としては草の根っこを使います。

色は黄赤色で、主に絹の染料として
使われてきました。

茜染めは木綿には染付けが悪く、
絹でも絞り染めに多く利用されています。

染液には二十回以上も浸し染めます。

昔は茜染め専門の店も有りましたが、
現在では山形に残っているくらいです。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

萩・薄・葛・撫子・女郎花・桔梗を秋の七草と言い、
これらを文様化したものです。

季節の先取りのため、
夏の着物や帯に使われます。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

帯の形を保持するための、おびの表地と裏地の
間に入れる芯生地です。

主に天竺木綿、三河木綿、不織部が多く
使われます。(軽くてしわ・型崩れしにくい)

帯芯は帯の幅が広くなり装飾性が
強くなってきた江戸末期?明治にかけてからです。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物の着付け小物のひとつです。

帯を締める時胴回りにシワができないよう、
帯の下に挟むボール紙かプラスチックの板。

前板とも言います。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

帯結びに使う小物の一つ。

女物の帯を結ぶ時、帯枕の上に被せて
前で帯の上に結ぶ生地の事。

最近は帯を固定すると言うより
装飾性が強いです。

主に生地には縮緬・紋綸子、
夏用には絽・紗があります。

染めは絞り染め・ぼかし染め・友禅染め・無地染め・刺繍・金銀箔
等があります。

振袖用の帯揚げは京鹿子絞りの存在感のある帯揚げを使われる事が多いです。

この項目の関連:
正絹帯揚

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

縮緬の一種。
左撚り2本、右撚り2本を交互に織り、
縮緬のしぼ立ちの大きくしたもの。

一般的に袱紗や風呂敷に多く使われている。
別名、鶉縮緬・鎖縮緬等と言われている。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物の部分名称。

着物は着付けのとき身丈より長い部分を胴部でたくし上げ、
腰紐でたくし上げて着ますが、そのたくし上げた部分を指します。

江戸時代の初期までは女性は長着を対丈で細帯姿だったが、
江戸時代の後期からは身丈を長くして屋内で裾を引いて
歩いていました。

明治時代の中ごろからは裾を引く事をやめ、
腰紐でたくし上げて着るようになって、
現在のお端折りの着姿になりました。

今のきものでは身長ときものの身丈との調節に
利用しています。
この為、きものの身丈と身長が大凡同寸になります。

この項目の関連:
洗えるきもの
正絹 きもの

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

儀式の名前。

子供が初めて帯を締める時の祝いの儀式。
帯び直し・紐落としなどとよばれている。

男児は5歳9歳、女児は7歳の11月の
吉日に行われた。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

本来、仕上げの絵という意味で
下絵に対する言葉です。
着物に紋を書き入れる事です。

白く染め抜いたところに
墨や顔料で紋を上描きします。

これを職業にしている人を
絵師、上絵屋と言います。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

染織用語。
染め上がった模様の上から、
さらに胡粉や顔料で加工して
染効果を高めることです。

また染め替えの技術で言う
上加工は、元の生地をそのまま生かし、
その上から染加工することを言います。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物の部分の名称。

着物を着て前をあわせた時、
上になる部分です。
つまり左身頃の前身の部分です。

この項目の関連:
着物の各部位の名称

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

細い糸で織った薄い地風の絹織物の総称。
絽や紗や透かし織りなどです。
主に夏用の衣服に使われます。
薄御召もこれに属します。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

絽や紗や薄御召のように透ける生地の総称です。

縦糸・横糸の密度を荒くし、風通しを良くし、
色や柄など見た目にも涼感を得ています。

最近では実際に吸汗速乾機能を備えた夏用の長襦袢もあります。
テイジン 強力 吸汗速乾 洗える夏長襦袢『さらら小町』駒絽
テイジン 強力 吸汗速乾 洗える夏襦袢 ふわふわさらさら 絽ちぢみ

この項目の関連:
夏着物 女物
夏襦袢/ 夏長襦袢
洗える着物 男物夏物(絽/紗)
洗える男襦袢 夏物

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

ちりめんの一種で鎖縮緬、鬼しぼ縮緬とも言います。

普通の縮緬よりしぼ立ち(凸凹)が大きいのが特徴です。

主に風呂敷や袱紗・衿に使われます。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

正絹の着物の洗濯の仕上げ方法。

丸洗いに対する言葉で、解いてから洗濯する
方法の総称です。

仕上げ方法は伸子張り、板張り、湯のしの
三つです。

現在、絹の着物を洗う時は悉皆屋さんか、
お近くにあるクリーニング屋さんに
お問い合わせ下さい。

この項目の関連:
商品(着物)についての疑問質問(Q.クリーニングの頻度とお手入れのやり方は?)

京都きもの工房
京都きもの工房

袴の一種で、襠/マチのない袴のこと。
襠/マチのある馬乗り袴に対する言葉です。
筒型、スカート型の形が行灯に似ていることから
この名前があります。
男性の普段着として使われます。
明治から女学生の袴にも用いられました。

筒型になっているため、着物と相性が良く着易いです。

この項目の関連:
着物の用語-袴/はかま
男袴
卒業式2WAY 袴 ぼかし
卒業式2WAY袴 無地

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物の仕立て方の一つ。

裏生地を付けない単仕立ての着物に対して
裏を付けて縫い合わせる着物を言います。

裏には胴裏・八掛(裾まわし)または通し胴裏を付けます。

一般には袷というと着物の長着を指しますが、
羽織や長襦袢にも用いられます。

・袷羽織
 羽織の一種で単仕立て(裏を付けない)に対して、
 裏を付けて縫い合わせた羽織の事です。
 羽織の裏は裾から表生地を引き返す仕立て方で、
 胴の部分には羽裏(肩裏)という裏生地を使います。

・袷帯
 女性用の帯の一種です。
 表と裏に異なる生地を使って
 縫い合わせた帯です。
 裏側には黒や濃い色の 
 繻子、縮緬、羽二重を用います。
 名古屋帯が普及してから衰退しました。 

・襦袢
 通常は単仕立てにし、居敷当を付ける場合が多いですが、
 寒い場合や、高級品の場合は袷仕立てにします。

この項目の関連:
お仕立て・紋入れについて
サイズ表
八掛/胴裏/肩裏/居敷当
男胴裏(絹/PE)

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

大島紬は紬の種類の一つで紬糸を機織りの緯線・経線の片方若しくは両方に用いて織った布、
若しくは縫製した和服を言います。

大島紬は古来、天の川で染められました。
伝説では昔、赤尾木の地に天から白馬が降り立ち美しい湖ができ、ここから湧き出る水が、絹糸を美しい色に染めたと言い伝えられます。天の川から(天馬)彗星が降下し、土となり、泥染めの染料として、大島紬のやわらかくしっとりとした風合を作り出す独特の染色技法を生みました。
天智天皇(西暦661年)の頃から、梅染め、桃染めなどが行われてきたということです。
1720年、鹿児島藩の指示により島役人以外の紬着用を禁じられ(「口上覚」松岡家文書)、
黒砂糖とともに藩の重要な財源でした。
「南島雑話」には、「織立はつやなけれども、程久しくつや出て至つてよく、縞がらも色々あり」
と記録されています。
19世紀頃からは、絣の技術を取入れ、大島が紬と言えるのは明治初年くらいまでであり、
現在では撚糸を使い紬とは言えなくなっています。名称を付けるなら「大島絣」です。
それまでの大島製作法は、現在の結城紬とまったく同じものであり、
ただ製糸するときに使うのりが結城では米糊、大島では海苔(ふのり)の違いのみとあります。


先染めにより独特の柄いきが特徴です。
ジュヌジ・ツガ・チトコ・トネ(飼料桶)・トンボ・イガタ・カメンコ(亀甲)・イュンム(魚の目)・カゼモシャ(風車)・ソテツバ(ソテツの葉)を原型に、
本西郷・中有馬・亀甲・喜瀬飛び・白雲・米の字絣・ツガ十の字・割込式・赤尾木西郷・用椿・ツガアミ・十の字(十字絣・力絣)・ツカコモリ・風廻し・日米・秋名バラ
などがあります。

染色
元々ティーチギ(シャリンバイ)の樹皮の煮出し汁により色を染め、鉄分の多い泥土につけて発色させます(泥染)。
現在は白大島・色大島・泥染大島・泥藍大島・正藍大島などがあります。

大島紬の工程は、大きく分けて30数工程あり、図案に始まり織り上がるまで半年近くかかり、1つ1つの工程が、非常に複雑で高度な熟練した技術が要求されます。 長い歴史のなかで商品や技術開発がすすみ、その結果、緻密な絣模様や、軽くて、暖かく、しなやかで、着くずれしないなど特徴が生まれました。

この項目の関連:
洗える着物 紬大島紬調
着物の種類と用途-紬

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

絵羽模様に染めたものを絵羽といいます。
そのほか絵羽縫いという時は
仮仕立てをしてから模様の
縫い合わせの事を指す場合もあります。

最初の仮絵羽仕立てのときは下絵羽、
最終の仮仕立ては上げ絵羽と呼んでいます。

この項目の関連:
洗える着物 刺繍附け下げ 光消臭

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

高級着物の模様付けの一種です。
模様が着物全体に絵画のように展開されたものです。
白生地のまま裁断して仮縫い(仮絵羽・絵羽縫い)したものに
絵画のように模様を描きます。
(反物のまま柄付けするものもあります)

下絵を描いた後仮絵羽を解き
染加工・刺繍・印金など全ての加工をして
再び仮縫いし販売します。

この方法で柄付けするものを絵羽模様と
言います。

振袖・留袖・訪問着模様などが
これにあたります。

絵羽模様の着物はほとんどが盛装用のため
その模様は豪華絢爛で格調高く品位が
あることが条件です。

この項目の関連:
正絹 絵羽柄 手摺り 長襦袢
着物の用語-絵羽/えば
着物の種類と用途

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

戦後から北陸・信越・東北一帯で
用いられた型染の総称です。

主に木綿の藍染です。
型紙は伊勢の白子型が
使われます。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

麻織物の一種です。

新潟県の小千谷・十日町・塩沢に伝わる
平織りの麻織物の総称です。
上布=上等の麻布という意味があり、
越後上布はもともと苧麻を使い手紡ぎの糸で織ります。
絣柄なくくり絣の方法で行われ
最も古い居坐機(いざりばた)で織られます。

現在は機械紡績の苧麻糸がほとんどです。
盛夏用の高級着尺地で柄は絣や縞が主です。

織り上がった生地は雪晒しをします。
これは日中雪の上に生地を広げて晒す方法で
越後上布独特のものです。

平織りの越後上布に対し
縮地のものを小千谷縮といいますが

両方とも古来の伝統技法による製品は
国の重要無形文化財に指定されています。

江戸時代、塩沢に住んでいた鈴木牧之の『北越雪譜』には
越後の雪と麻織物の事が書かれています。

現在は沖縄県宮古島の宮古上布、石川県の能登上布とともに
夏の着尺地として使われています。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

麻織物の一種です。
新潟県小千谷地方一帯で織られている麻の平織りの縮です。

越後上布が縦横糸とも平糸(撚りをかけない糸)を使うのに対し
横糸に強い撚りをかけた縮糸を使用し、
織り上がった生地の表面にしわが出来るのが特徴です。

上布と同じく絣や縞柄がほとんどで
盛夏用の高級生地として用いられます。

小千谷市・十日町・塩沢町一帯が生産地ですが、
小知谷縮が最も有名です。

越後上布と同じく無形文化財に指定されています。

この項目の関連:
着物の用語-越後上布/えちごじょうふ
着物の種類と用途-夏物/なつもの

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

着物の用語-帯留め
和服の装飾小物の一つ。
従来は帯締めの両端に付けた
金具の事でしたが、
現在は平打ちの帯締めに通す
装飾的な飾り物です。

材質によって盛装用・普段着用に
分けられます。

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

織物組織の一つの名称で、
斜文織・ツイルともいいます。
平織り・朱子織と共に織物の三原組織と
言われる織り方の一つで多くの変化が
作られます。

縦糸と横糸の組合わせ方が
斜めになっていて他の二種類の織り方より
緻密で丈夫です。

綾羽二重など『綾』を冠にした名称の
織物はこの織り方です。

この項目の関連:
卒業式2WAY 袴 ぼかし
卒業式2WAY袴 無地

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

藍型の沖縄での言い方。

色彩を使わず藍のみで染めます。

藍型は藍の色1色に対し
紅型は華やかな色彩を使います。

この項目の関連:
着物の用語-藍型/あいがた
着物の用語-紅型/びんがた

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

最新情報をキャッチ! rss2.0

Calendar

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ