着物の用語-肩裏/かたうら

|

正絹肩裏

羽織の裏には羽裏(肩裏)、コートの裏にはコート裏を、
また単衣仕立ての場合に滑りを良くし着易くしたい場合は肩すべりを用います。
現在はロングコートに対応できる6m(1.5丈+アルファ)が主流です。
または型物では生産量が少なく、生産ロットが多いので、
長襦袢の生地を流用される場合もあります。
(長襦袢は13.5m / 鯨尺約3.5丈なので 肩裏2枚分が取れます)

羽織やコート類は訪問時に脱いだりするとき、裏地は目立ちます。
そんな時に表が落ち着いても裏地がお洒落という、
和装の独特の楽しみ方ができます。

染め方は手描きや型染め友禅、更紗や絞り染、手ぼかし染など、
おしゃれな方、着物好きな方は裏地にこだわられます。

生地素材は滑りやすい、
脱ぎ着のしやすい羽二重や平綸子などを使います。

この項目の関連:
正絹 肩裏
洗える肩裏 ポリエステル

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: https://www.kimono-kyoto.jp/mtctrl/mt-tb.cgi/297

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 着物の用語-肩裏/かたうら:

» ぼかし肩裏追加生産 送信元 京都きもの工房blog
京都きもの工房です。 洗えるぼかし肩裏の追加生産をしたものが本日上がってきまし... [詳しくはこちら]

» 正絹肩裏・絣柄と無地に市松の掲載 送信元 京都きもの工房blog
京都きもの工房です。 正絹 肩裏を2柄掲載しました。 正絹肩裏 絣柄 金茶... [詳しくはこちら]

» 正絹 肩裏 5タイプ掲載しました 送信元 京都きもの工房blog
正絹の肩裏を追加で掲載していっています。 今回は5タイプ、総柄の柄物をアップし... [詳しくはこちら]

最新情報をキャッチ! rss2.0

Calendar

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ