着物の文様-揚羽蝶文/あげはちょうもん

|

着物の文様-揚羽蝶文
緑黄地に黒い筋や斑文のある大形の華麗な蝶を文様化したもので、鳳蝶〈ホウチョウ〉とも呼ばれます。平安中期以降になって、蝶文が流行し、平家ゆかりの家々の家紋となり、今日に受け継がれています。牡丹や撫子などと共に小袖に用いられましたが、現代でも、振袖や留袖に好んで用いられています。

京都きもの工房
京都きもの工房

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: https://www.kimono-kyoto.jp/mtctrl/mt-tb.cgi/8

最新情報をキャッチ! rss2.0

Calendar

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ