永らく不具合の為に記載できず申し訳ありません。

今日は9月6日、残暑が厳しい中ですが秋風が時折吹いてくるようになったと思う今日この頃です。

京都の秋と言えば10月22日に時代祭り(雨天順延)が有名ですが、
同じ日に、スピリチュアル好きにはたまらない、
鞍馬の火祭(由岐神社のお祭り)が行われます。

着物で見るには、時代祭(昼間)りにして、鞍馬の火祭(夜)には着替えて行くのが良いかと思います。

その他、京都の秋の観光はこちらがおすすめです。
( 京都観光Navi さん)
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/feature/akitokubetsu.php

京都の、秋のもう一つの楽しみとしては、紅葉だと思います。
大まかな、紅葉の綺麗な時期は10月下旬から11月下旬(各観光地でズレはありますが)と
考えて京都観光をお考えの場合は一つの基準にして良いと思います。

一言に京都観光と言っても、着物で行くのにお勧めの所、着物を着て行くのは難しい所など
色々とありますので、順次ご紹介します。

京都きもの工房 1号店
京都きもの工房 2号店
京都きもの工房

京都きもの工房です。

洗える着物や羽織に使うポリエステル八掛、胴裏、
それに正絹・ポリエステルの居敷当を送料無料にしました。
またポリエステル肩裏(羽裏)も送料無料に追加で登録していきたいと思います。

ご注文の場合、幾つかご了承して頂きたい事項が有ります。
1.規定のサイズに封入するため、通常発送よりたたみしわが多くなる
2.お問い合わせ番号が発行されないので追跡が出来ない
3.決済方法は代金引換以外でお願いします
4.通常より到着まで時間がかかる
5.一商品に対し一梱包になります

以上の事をご了承いただければ、価格の安い商品が対象になってきますので
特に必要数量の少ない場合はお勧めします。

オーダーメイドやオーダー寸法の御誂えの仕立てに
縫製業者様、小売店様にお勧めしたく存じます。

この項目の関連:送料無料商品

京都きもの工房 1号店
京都きもの工房 2号店
京都きもの工房

京都きもの工房の田原です。
8月の中国絹事情は、生産・貿易の数量のみだったので省略します。

9月の、絹事情です。

8月29日
広西省シルク協会二次六回全省経営者大会が宜州で開かれました。
非常に厳しい状況に直面し、
今回の会議では製糸の生産の拡大制限、構造改革推進、未熟な繭の買取り禁止、農家への未払いの反対など
全会一致採決されました。

政府からは減産指示が出ているとの事です。

8月の生糸生産相場は、人民元のレート引き下げによって、
1ドル6.20から6.40人民元になり、生糸がトン当たり29万元台(6年ぶり)になりました。
輸入価格も、1ドルから2ドル、下りました。

取引の水準は、
経糸 キロ当たり55から57ドル、横糸 キロ当たり50から52ドルでの取引です。

以下、直近5年の取引状況の推移です。

中国生糸価格推移
H22年10月 キロ当たり46から47ドル トン当たり34万元 為替80円:1ドル
H23年 1月 キロ当たり52から53ドル トン当たり38万元 為替82円:1ドル
H23年 3月 キロ当たり55から57ドル トン当たり40万元 為替83円:1ドル
H23年 7月 キロ当たり58から59ドル トン当たり41から42万元 為替76円:1ドル
H25年 6月 キロ当たり59から61ドル トン当たり41から43万元 為替99円:1ドル
H26年 6月 キロ当たり58から60ドル トン当たり38から40万元 為替101円:1ドル
H27年 7月 キロ当たり54から58ドル トン当たり35から38万元 為替125円:1ドル

ベトナムからの撚糸輸入数量推移
H22年10月 366俵 平均単価 キロ当たり3,096円 円為替80円:1ドル
H23年10月 309俵 平均単価 キロ当たり4,648円 円為替78円:1ドル
H24年10月 456俵 平均単価 キロ当たり4,433円 円為替79円:1ドル
H25年10月 541俵 平均単価 キロ当たり6,207円 円為替98円:1ドル
H26年10月 600俵 平均単価 キロ当たり6,855円 円為替112円:1ドル
H27年 7月 568俵 平均単価 キロ当たり7,677円 円為替125円:1ドル


京都きもの工房 1号店
京都きもの工房 2号店
京都きもの工房

結論から言いますと、
着物を着ての自動車運転たすき掛けをして、十分に注意
履物別にスニーカーなど用意しましょう。

正月など着物で親戚やお友達の挨拶回り、初詣など、自動車・自転車を運転する事が有ると思います。

「道路交通法」71条6号で、『道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項』を「運転者の遵守事項」というものがあります。

因みに、京都府警さんに聞いてみました。
自動車の場合、履物は、スリッパ、モード履きはNGで、
鼻緒が有ればOKだそうです。
体験から言えば、袖が運転機器などに引っかかる恐れが有るので、
たすき掛けをして頂いた方が良いです。

自転車については特に規定が無いそうです。
ただし、これも着物用自転車を使用し、
袖が引っかかると事故になる可能性があり、
たすき掛けをして乗車がお勧めです。

その他、各都道府県に聞いてみましたが、
自動車での運転は厳しい場所でも着物を着て運転する時、
たすき掛けをすると問題ないようです。
(県によっては着物を着てそのまま運転すると罰せられる地方が有ります。
また、着物は袖が長く、筒袖を除くと、短いものでも1.3尺(約49cm)ありますから、
安全上、たすきを締めて頂きたいと思います。

ただし、注意して頂きたいのは、着物を着て運転していて、事故に巻き込まれた場合、判断が不利になる可能性があります。
理由は、道路交通法で、「運転に適した服装で運転する事」という規定があり、
着物が運転に最適な服装かと言えば、洋服と比べると、より運転に適した服装は言えず、
事故が起きると危険運転とみなされる恐れがあるからです。

さて、多くの都道府県で着物は"運転しにくい服装か否か"というと、
明確ではなく、問題は、履物です。

これには、明確に道路交通法に規定されている所が多く、
スリッパ、モード履き、木製下駄は駄目だそうです。
鼻緒が付いているものは足と履物とが密着しているという解釈で、
OKとの事です。

ただし、実際に運転してみると、鼻緒でも運転中、脱げそうになる事が多く
着物での運転では、スニーカーなど別に用意して頂いた方が絶対おすすめです。

自転車については、裾をペダルに引っ掛ける事が有りお勧めはしません。
ただし、着物用自転車というのが有りますので着物を着て自転車に乗る場合はこちらをお勧めします。
袖も引っ掛け転倒する恐れが有るのでたすきを掛け、鼻緒のものは脱げる可能性が有りますので
こちらもスニーカーの使用をお勧めします。

着物の歴史
京都きもの工房 1号店
京都きもの工房 2号店
京都きもの工房

和服着物呉服の違いをある男性から聞かれる事がありました。

現在では同じように使われていますが語源は異なります。
下記の通りになります。


和服とは

日本(和)の服、という意味で日本の衣服という意味です。
着物のところに記載している通り、洋服と区別するためにできた言葉です。


着物とは

元々、着るもの、という意味だったが江戸時代の終わりに
西洋文化が入ってきて洋服と区別されて和服と同意語になっていきました。
ご存知、日本従来の衣服であり日本の民族衣装という捉え方もされます。
洋服と大きく違う点は
洋服は体に沿わせた曲線を組み合わせた立体裁断の組み合わせが中心であり
(洋裁)
又、使用生地は織物、編み物の両方が使われています。
和服は直線に裁断した部品を組み合わせた
(和裁)長着(着物の本体)を帯で締めるスタイルが
基本になっています。
又、使用生地は織物が中心です。


呉服とは

現在の中国の場所が三国志の魏・呉・蜀の覇権争いをしていた時の呉の国から織物が伝来した事から織物を指します。
当時はくれはとり=(呉(クレ)+機織り(ハトリ))と言われたのが音読みになりゴフクとなりました。
2つの捉え方が有り、和服用の織物の総称、又は太物を別にしての絹織物を指します。
補足:太物=太い木綿を主として、麻や楮・ウールのこと。

つまり、元々語源は違えども、今では着物も和服も呉服も同じように使って頂いて大丈夫です。

着物の歴史については、下記リンクよりご移動頂けますので併せてご覧ください。

着物の歴史
京都きもの工房 1号店
京都きもの工房 2号店
京都きもの工房

6月6日
中国農業科学院研究所で、中国とキューバの
「蚕桑科学技術合作センター」が成立しました。

6月9日
重慶市で春繭価格が発表されました。
生繭 キロ当たり27~29元(約4.5ドル)

6月26日
浙江省シルク協会発表で、5月28日に
アメリカCNNの取材チームが、
達利集団の、杭州工場で「シルクロード(全9回)」の
第1回目の撮影が行われました。

6月29日
中国紡績品進出口紹介からの発表。
1月から5月までのシルク輸出について
蚕糸類   2.31億ドル 昨年同期比 11.1%減
絹織物   3.07億ドル 昨年同期比18.42%減
シルク製品 5.49億ドル 昨年同期比 9.98%減

日本向けは第3位 0.77億ドル 昨年同期比 26.04%減

7月1日
国営通信社社の新華網の「中国繭の都」の発表・報道です。
広西省の宜州はが中国最大の繭産地になったとの事。
桑園21,867ヘクタール・年間繭生産量5.5万トン
(生糸換算で約6,100トン)。

今年の1月から5月までの
浙江省シルク生産統計87社の実績は下記の通りです。
生糸生産量   昨年同期比  6.2%減
撚糸      昨年同期比  7.4%減
絹紡糸     昨年同期比  28.0%減
シルク真綿布団 昨年同期比  23.5%減

6月の嘉興、南寧の生糸相場は、大きい変動はなかった。
品質3Aから4Aは、30.5から32万元(トン当たり)
経糸場外相場は37から39万元(トン当たり)での取引です。
ちなみに、日本向けの品質は5Aから6Aのさらに高品質のものです。

輸出価格は、ヨーロッパからの需要の弱さ、人民元の若干の弱さから
少し価格が下がりました。


京都きもの工房 1号店
京都きもの工房 2号店
京都きもの工房

5月6日
浙江省嘉興市で中国のシルク業界の年一度の全国懇談会が下記の通り開催されました。
・全国シルク協会会長の楊永元氏の講演
・中国紡績工業連合会情報部長の劉処長の中国紡績業の全体情勢の報告
・嘉興生糸繭取引所総経理が「新常態下の2015」の報告と今年の生糸相場の傾向発表
・嘉興埃迪尓(IDEA)シルク有限公司のミアイリ総経理の講演(下記)

 タイトル:市場の研究・悲観・楽観と現実

  1. 昨年のヨーロッパのブランド生産者協会の最初の調査報告書より 世界中のブランド商品の需要について今後10年でアジア、アフリカの市場は富裕層者の増加で倍増する予想を、 一部のブランド企業がこれを信じ、シルク原料の不足と、中国からの輸入前傾が心配され 欧州視察団を日本、インド、中国へ派遣し、ヨーロッパでの養蚕業の促進する案をしばらくの間中止。 その後、中国政府が事業団の準備糸を放出することを決定したが、これはヨーロッパの思いとは逆になる。 ただし市場の低迷は複雑で多くの経済要因・地域要因によっているので気を抜かず、しかし楽観的に対応するべき。
  2. 生糸の品質について、国検定検査は工場の検査のみで輸入業者は受けていない。
    国内なら企業間で解決するが、現実はCIQ検定でも品質保証が出来ない。
    中国シルク協会とヨーロッパ協会の代表機関Centroがこの問題に当たり連携協議している。
    この問題には法律に頼るだけでは無理で、研究・創造による多くの手段が必要になる。
  3. 中国の輸出商品の免税について、これまで中国のカシミヤ輸出は16ミクロン以下の繊維を全てカシミヤとして輸出していたが、
    日本とヨーロッパで検査したところ50%以上がウールの成分ということが判明、その結果、市場価格が崩れた。
    その時、カシミヤが免税になったがイタリアの厳しい工程と品質管理で品質が回復した。
    イタリアのCARRIAGGIが世界基準。
    嘉興埃迪尓(IDEA)シルク有限公司が新紡績技術を開発しシルクとカシミヤ混紡糸を生産している。
    その技術は伝統的で、抗起毛パイル性能が高い方法だ。
    中国増値税還付について中国の生糸を5%減らすとベトナム・ルーマニアの撚糸加工は1部が中国へ転換する可能性がある。
    それらの国ではシルクの成功は技術の進歩というより正確な管理・市場の知識で運用しており金融、物流、貨物などノウハウは続くだろう。
  4. 十分な技術を維持すれば増値税還付を受け中国シルクの安定発展に繋がるだろう。中国は品質が事業成功の基であるので品質をさらに重視して欲しい。広西省での養蚕の発展を検証したが過去15年の発展スピードに驚いている。
    全体でも養蚕は発展していると思う。

5月6日より中国シルク真綿先物取引は初めて嘉興生糸繭取引所で始まり、
条件は60キロ単位、最低数量300キロでの取引となっています。

5月28日から、浙江省の嘉興、桐郷などで、春繭の買取りが始まりました。
50キロ当たり1700元の価格で、去年より若干高く農家より買い取っています。
生糸換算で、コストはトン当たり36万元(約56から57ドル)の推定です。

5月28日、中国紡績協会からの発表で、
2015年1月から4月のシルク輸出実績は
蚕糸類4,084.8トンで、去年より0.97%の減で、
国別では1位インド 30.33%、 2位イタリア 11.55%、 3位 日本10.87%、 4位 パキスタン 8.92%、 5位 ベトナム8.2%。

5月の生糸相場は4月と大きな違いはないです。
4月の生糸相場

京都きもの工房 1号店
京都きもの工房 2号店
京都きもの工房

4月8日
中国商務部(日本の経済産業省に相当)と中国農業省が 「2015年度 全国桑蚕品種・繭・生糸生産ガイドライン」を発表。 その中で、2014年度、生糸生産量が17万トン(前年比+6.9%)輸出全商品31億ドル(前年比-12.2%)に対し シルク内外情勢から行政指導として今年の受給バランスを取るよう指示したとの事です。
(生産量を減らすよう要望するのは初めて)

下記、中国各地の2014年実績と2015年の桑蚕生糸の生産予測です(単位:トン)。

地区 2014年度 生産量 2015年度 予測生産量
全国 162,719 148,000~162,000
江蘇 29,738 27,000~29,700
浙江 15,505 14,000~15,500
安徽 9,101 8,000~9,100
江西 6,225 5,600~6,200
山東 3,414 3,200~3,400
河南 2,160 2,000~2,200
湖北 1,683 1,500~1,700
広東 2,312 2,100~2,300
広西 40,645 36,000~40,000
重慶 4,730 4,200~4,700
四川 38,096 36,000~38,100
雲南 3,433 3,150~3,400
陝西 5,386 5,000~5,400
貴州 291 250~300

4月15日より
広西省の横県、賓宜などが今年の春繭の買取を始め、 平均価格はキロ当たり 35~38元で去年より少し下がったとの事です。

4月19日
「銭江日報」の報道によると、浙江省で養蚕農家が1995年と比べ63%減少し、 繭生産量も1992年の14.2万トンから2014年は5万トンに激減しました。 その他、杭州市シルク文化とブランド研究センターの費建明 理事長が これから"一帯一路"の展開によって杭州のシルク製品生産地として、 その戦略的なチャンスを生かそうと主張しました。
(一帯一路<いったいいちろ>とは、中国から中央アジアを経てロシアと繫がる「シルクロード経済体」と 南シナ海からインド洋と繫がる「21世紀会場シルクロード」を 中国が中心となって開発していくという構想で、 アジアの政治・経済体制も変えたいと思っている習近平のビジョンを呈したマニフェスト)

杭州のシルクファッション産業が、商品の開発と理念の改革を進めています。 シルク文化の発展の為、設備の投資と人材の育成が不可欠だと認識して、政府からの財政支援も期待すると発信しています。

4月の生糸相場について
変動が少なく、
縦糸が 38~40万元/トン当たり、横糸が 31~33万元/トン当たり
で取引されました。

先物取引では3A以上が30.5~32万元/トン当たりの状況。
輸出価格は縦糸58~61ドル/キロ当たり、
緯糸48~50ドル/キロ当たりで申し出されています。

新繭が出てくることが期待されるこの時期、相変わらず堅調な値動きを示す経糸に対し、中国国内では緯糸は少し落ち着いて来るのではないかと言う期待もあります。 ただし、ここ暫くの為替の急激な円安、中国の工賃のさらなる高騰によって日本における価格の下落はあまり期待できません。

京都きもの工房 1号店
京都きもの工房 2号店
京都きもの工房

エジプト 着物
エジプトにご在住の方で
日本に居る間にお仕立てして欲しいと
ご注文を頂いたお客様に
お礼のご連絡を頂きました。

ここから(1通目)
----------------------------------------
お世話になっております。
バタバタとエジプトに戻り息つく暇もなく
出張で、今日やっと仕上がった着物を羽織りました。

思った通りの色合いとサイズで凄く気に入ってます。
本当にありがとうございました。

またすぐに次の着物の仕立てをお願いします。
----------------------------------------
ここまで

ここから(2通目)
----------------------------------------
今日早速、考古大臣のパーティで
お着物凄く評判良かったです。
国営テレビのインタビューにも
出ました。考古大臣ともお写真撮って
頂きました。
----------------------------------------
ここまで

外国の在住の方に、
日本人の方、外国人の方関係なく皆様に
着物が広まっていけば非常にうれしく思います。

京都きもの工房 1号店
京都きもの工房 2号店
京都きもの工房

いつもお世話になっております。

最近、仕立ての工場の納期が伸びがちになっています。
通常、1カ月弱で出来上がっている仕立てが、
1カ月と5、6日かかっています。

お急ぎの場合はご考慮頂きますよう、
お願いいたします。

京都きもの工房 1号店
京都きもの工房 2号店
京都きもの工房

最新情報をキャッチ! rss2.0

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

My Yahoo!に追加

Calendar

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ