男物 着物の着付け方 着物・帯~羽織~袴

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

男物の着物の着方を掲載します。
男性の方もどんどん着物を着ましょう!

必要な物・・・
着流し:着物×1・襦袢×1・帯×1・腰紐×2・足袋×1組・雪駄か下駄×1
着物と羽織:着物×1・羽織×1・襦袢×1・帯×1・腰紐×2・足袋×1組・羽織紐×1・雪駄か下駄×1
着物と袴:着物×1・袴×1・襦袢×1・帯×1・腰紐×2・足袋×1組・雪駄か下駄×1

最低限上記が必要ですがより正式には半襦袢を襦袢の下に着ると良いです。
また襦袢に半衿が付属していない場合は半衿も必要になります。

----------------------------------------------------------------------------
今回は角帯の結び方は貝の口、袴の履き方は十文字結びです。
(ちなみに袴の十文字結びは儀式、結婚式など祝儀の時にします)

男の着物の着付け(帯結びは貝の口)
襦袢を羽織る
まず長襦袢を羽織ります。
寒い場合は中にシャツや肌襦袢を着ても良いと思います。

襦袢と腰紐
腰紐を腰骨の上で結びます。
腰紐を前→後で交差→前へと持ってきます。

腰紐をねじる
腰紐を一回ねじります。

腰紐をねじる 2
その後、腰紐をそのままねじると、輪っか状の隙間が出来ます。

下を上げて上の紐を巻き下の紐の根本を通す
そのわっか状の隙間に紐を"途中まで"通します。

腰紐を締める
通した紐以外の紐の端を引くと結び目が締まります。

余った紐の部分を挟み込む
余った長さの紐の端の部分が邪魔になるので紐の下に挟み込みます。

襦袢の着付け完成
長襦袢の着付けの完成です。

着物を羽織る
着物を右下、左上に衿を重ねて、
背中の背中心の縫い目を真ん中にして羽織ります。

腰紐を締める
腰紐を襦袢と同じように締めます。
背中心がずれたら直して整えます。

角帯の端を折る
角帯の片方の端を約40センチほど縦方向に半分に折ります。
その時、折った部分の根本を写真の様に折っておくと後々が楽です。

角帯の端を折る 裏面
折った部分の裏から見た状態です。

腰紐の上に乗せる
角帯の半分に折った側の端を左上にして背中心の腰紐の上に置きます。

帯を2~3周巻く
角帯を2~3周、腰の周りに巻きます。

折っていない方の端を内側に折り込む
角帯の折っていない、広い側の端を内側に折り込みます。
その時、体側から約50センチくらいの長さになる様に調節しましょう。

揃えて50cm位にする
角帯の折っていない、広い側の端も整えます。

狭い方の端の周りを広い方の端で上から巻き、下側を通し上に持ってくる
角帯の半分に折っている狭い方の端を下に下げ、その周りを巻くように、
折っていない、広い側の端で外側から内側に折り、上に引きます。

広い方の端を向かって右上に、狭い方の端を向かって左下に引き、締める
角帯の広い方を向かって右上に、狭い方の端を向かって左下にして、
両端を引き締めます。

広い方の端を上から下に持ってきて向かって左上に下側から折る
角帯の広い方の端を下側に折り、外から内側に折り、左上に持って来ます。
(わっか状になります)

広い方の端の筒状の中に狭い方の端を通し締める
角帯の広い方の端でできた輪っか状の中に狭い方の端を通し、締めて整えます。

角帯の貝の口が完成
ここで「着流し」スタイルが完成です。

羽織の着付け
羽織をはおる
羽織をはおり、背中心を着物と合わせます。

羽織の衿を折る
羽織の衿の首あたりの部分を外側に半分に折ります。
羽織の乳(羽織紐を取り付けるわっか状の部分)は折り目の先に
来るようにします。

羽織紐を付け完成
羽織紐を付けます。
(羽織紐にSかん(S状の金具)が有る場合は乳に引っかけます。
クリップがある場合は羽織の乳の部分の上に取り付けます)

羽織の着方の完成です。

男物の袴の着付け
袴を腰に乗せる
馬乗り袴の場合、着物と襦袢の裾をたくし上げ着物の腰紐にはさみます。
行灯袴の場合はそのまま、
袴を角帯の上に乗せて合わせます。
角帯は大体1~1.5センチ出るようにします。

前紐を後ろで交差
袴の前紐を背中側に持ってきて角帯の所で交差します。

前紐を後ろでねじる
他の人に着つけて貰う場合は角帯の所でねじる場合もあります。
この場合の長所は着崩れがしにくいところです。
また短所は角帯と袴の紐に強いしわが出来てしまいます。

前紐を前に持ってきて交差
前紐を交差した後、前に持ってきて両方の前紐を交差します。

向かって左側の紐を折る
前紐の交差した下側の紐を外から上に折り上げます。

再度後ろに持ってきてリボン結び
帯結びの下側で蝶々結びをします。

後ろ側の腰板のへらを差す
後側を持ってきてへらを帯の内側に差し込みます。
へらがない場合は腰板を帯結びの上に乗せます。

前にまわして前紐の下に入れる
後紐を前にまわして交差した前紐の内側に通します。

交差した下側の紐を前から上に、さらに全ての紐の下へ
交差した後紐の下側の紐を下から前へ、上に、さらに全ての紐の下へ通します。

下に通した後ろ紐を引っ張り締める
全ての紐の下へ通した後紐を引っ張って締めます。

もう片方の後ろ紐をわっか状にして巻く
もう片方の後紐を10センチくらいの輪っか状にして巻いていきます。

巻ききって紐が交差する部分の上へ
10センチくらいの巻いていった輪っか状の紐を結び目の外側に置きます。

下に通した後ろ紐を前から上へ持ってきて、全ての紐の後ろへ
輪っか状の後紐を束ねるように、もう片方の後紐を下から前→上から内側に
巻きます。

全ての紐の後ろへ持ってきた紐を同じように下→前→上→後と繰り返し巻き残り約25センチまで
繰り返し巻いていって紐の余りの長さが約25センチくらいになるようにします。

後に折りその後ろへ通す
紐の余りの長さが約25センチくらいになったら、結び目の内側に通します。

前に持ってくる
結び目の内側に通した紐を前側に倒します。

端を結び目の後に差し込む
紐の端を結び目の後側に差し込みます。

男の着物に袴の着姿
袴の着付けの完成です。

この項目の関連: 正絹 着物 男物 / 洗える着物 男物 / 男物セット / 男性用帯 / 角帯 / 男物袴 / 紋付着物(石持)
京都きもの工房
京都きもの工房