着物の用語-友禅/ゆうぜん

|

友禅染のこと。

元禄時代/1688?1704年 に
宮崎友禅斉が創始したと伝えられる
染色法で色彩豊かで精緻な染模様の事を言います。

友禅斉は京都の東山のあたりに居住し、
扇に絵を描く絵師として人気が高かったと
言われます。

その時代はすでに糊防染による染は
行われていましたが、友禅染はもち米で作った
糊を使って防染し、複雑な柄を鮮やかに染め上げる技法です。

現在も日本の染の代表的な染色法です。

(京都市の円山公園内に宮崎友禅斉の像があります)

この項目の関連:
洗える小紋着物DreamSilhouette
洗える着物 紬大島紬調
夏着物 女物
田原なおみ 洗える長襦袢 反物
田原なおみデザイン洗える振袖襦袢
洗える長襦袢おしゃれ『さくらんぼ
正絹クイーンサイズ振袖襦袢 手摺
正絹 田原なおみデザイン長襦袢
着物の用語-加賀友禅/かがゆうぜん

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: http://www.kimono-kyoto.jp/mtctrl/mt-tb.cgi/261

最新情報をキャッチ! rss2.0

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

My Yahoo!に追加

Calendar

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ