着物の用語-関西仕立て/かんさいしたて

|

着物の用語-関西仕立て
着物や長襦袢の仕立て方のひとつ。
関東仕立てに対する言い方です。

着物では一般的に関西仕立てにしますが
長襦袢では関東の撥衿仕立てに対して
関西の広衿仕立てにしたものです。

衿幅の自由が利きやすく、胸の辺りを
斜めに折ってゆったりと合わせる事が出来ますので、
胸もとがはだける心配が少ない仕立て方です。

広 衿: 
女性用は普通の着物は広衿が一般的です。
衿の幅を広く衿裏をつけて、着るときに衿を半分に
折って着ます。
衿幅の調節が出来る為、体型に合わせた着付けができ、
着崩れしにくいのが利点です。
着物のほか長襦袢にも広衿があり、
襦袢の場合衿幅は2寸8分になります。

この項目の関連:
お仕立て・御誂え

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: https://www.kimono-kyoto.jp/mtctrl/mt-tb.cgi/205

最新情報をキャッチ! rss2.0

Calendar

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ