着物の用語-お端折り/おはしょり

|

着物の部分名称。

着物は着付けのとき身丈より長い部分を胴部でたくし上げ、
腰紐でたくし上げて着ますが、そのたくし上げた部分を指します。

江戸時代の初期までは女性は長着を対丈で細帯姿だったが、
江戸時代の後期からは身丈を長くして屋内で裾を引いて
歩いていました。

明治時代の中ごろからは裾を引く事をやめ、
腰紐でたくし上げて着るようになって、
現在のお端折りの着姿になりました。

今のきものでは身長ときものの身丈との調節に
利用しています。
この為、きものの身丈と身長が大凡同寸になります。

この項目の関連:
洗えるきもの
正絹 きもの

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: http://www.kimono-kyoto.jp/mtctrl/mt-tb.cgi/203

最新情報をキャッチ! rss2.0

Subscribe with livedoor Reader

Add to Google

My Yahoo!に追加

Calendar

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ