着物の用語-絞り染め/しぼりぞめ

|

染色技法の一つで、
生地の一部を糸でくくったり、縫い締めたり、板で挟んで締めたりして
防染(染料が入らなくして染まるのを防ぐ事)して
染液に浸すとその部分だけ染まらず模様として現れます。

日本では奈良時代に纐纈/こうけちと言われ行われていましたが、
きょう纈/きょうけち・ろう纈/ろうけちとともに
三纈のひとつです。

防染法としては最も初歩的ですが、
全て手仕事で行われているものは
現在では贅沢品とされます。

絞り染めは防染の方法や模様の種類で区別されます。

絞り染めの種類
京鹿子絞り(別名:疋田/ひった)-細かい絞り模様が整列した模様の高級絞りです。
帽子絞り-生地の一部分をつまんで防染した絞り方です。手描きと組み合わせることもあります。
桶絞り-大きく染め分けた絞り方で全体に延びのある豪快な絞り方です。
柳絞り-縄状に生地を絞って表側が染色され、中が染め抜かれた染め分けが美しい、
     生地に縦方向に流れるような柄の絞り方です。

その他、板締め絞り、横引き鹿子、疋田三浦絞り、機械蜘蛛絞り、つまみ縫い絞り、
杢目絞り、巻き縫い絞り、巻き上げ絞り、松丈筋絞り、縫い筋杢目絞り、ミシン絞り、
白影絞り、手筋金通し絞り、豆絞り、新羽衣嵐絞り、唐松絞り
など糸の使い方などで多様な絞り染めが開発されています。

日本以外ではアジア・中国・インド・アフリカなどでも
絞り染めが行われています。

また最近では、唐絞りと言って絞り染めではありませんが、
絞りのように見せている染めもあります。

絞り染めは手間がかかり、高給品ではありますが、
きものの用途、格としてはカジュアル向きになります。

この項目の関連:
作家 「鈴木郷」の絞り 襦袢・額裏
絞り友禅・摺り友禅 併用
正絹 長襦袢 13.5m

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: https://www.kimono-kyoto.jp/mtctrl/mt-tb.cgi/185

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 着物の用語-絞り染め/しぼりぞめ:

» 着物の用語-長襦袢/ながじゅばん 送信元 京都きもの工房blog
和装下着の一種。 上半身だけの半襦袢に対し 裾まであるじゅばんの事です。 長着と... [詳しくはこちら]

» 着物の用語-柳絞り/やなぎしぼり 送信元 京都きもの工房blog
絞りの一種です。 別名縄絞りとも言います。 生地を横方向に糸で絞って防染し、表の... [詳しくはこちら]

最新情報をキャッチ! rss2.0

Calendar

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ