着物の用語-居敷当/いしきあて

|

和裁用語です。

居敷とは臀部の古語で、別名尻当て。

単の着物・長襦袢の臀部の位置に

補強のため裏から縫い付けておく生地です。

着物を着て座ると体重がかかり
生地の横向けに大きな力がかかるので、
着物地がたるんだり、縫い目がほころび易く、
それを防ぐ目的に仕立ての時補強しておきます。

着物の共布やさらし綿
最近は絹の着物には絹製、ポリエステルの着物にはポリエステルを
使います。

この項目の関連:
胴裏 居敷当 女物額裏
お仕立て・御誂え

商品ときものQ&A
京都きもの工房
京都きもの工房

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: https://www.kimono-kyoto.jp/mtctrl/mt-tb.cgi/176

最新情報をキャッチ! rss2.0

Calendar

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

Profile

店長写真

店長
田原 秀樹


京都きもの工房へようこそ。このブログでは着物や和装関連の事、商品紹介などをしていきたいと思います。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

最近のコメント

サイトマップ

お問い合わせ

京都きもの工房ブログ トップ

着物通販 京都きもの工房 トップ